第66回 東海教育社会学研究会のご案内

今回の研究会では、内田良先生から

虐待防止活動は何を語り何を語らないのか
           ~もう一つの暴力・放置へのアプローチ」

をテーマに話題提供していただきます。会員以外の方も歓迎いたします。
ぜひご参加ください。 準備の都合上、7月7日(金)までに下記研究会事務局まで出欠のお返事をいただければ幸いです。

 話題提供:  内田 良 先生  (愛知教育大学)
 テ ー マ : 虐待防止活動は何を語り何を語らないのか 
                ~もう一つの暴力・放置へのアプローチ~

<内容> 
1990年代に入り、児童虐待が急速に社会問題化しました。本報告で は、虐待の防止活動が主としてどのような暴力・放置を語っているのかについ て、虐待相談の件数や虐待防止の言説をもとに分析し明らかにします。

さらに、そこではどのような暴力・放置が語られていないのかについて、考察を進めます。

日  時:  2006年 7月15日 (土) 15:00~17:30

会  場:  椙山女学園大学・星が丘キャンパス
        「大学会館」中会議室(3階)
        (「大学会館」はキャンパスに入って右手の建物、1階は食堂)

会場へのアクセス⇒(椙山女学園大学サイト)

           http://www.sugiyama-u.ac.jp/univ/index.html  


【 東海教育社会学研究会事務局 】
名古屋大学教育学部 伊藤
電話・ファックス 052-789-2623
E-mail:k46534a@cc.nagoya-u.ac.jp


▲このページのトップへ戻る