SSJデータアーカイブ(東京大学社会科学研究所)からのお知らせ

Ⅰ データ寄託のお願い
 SSJデータ・アーカイブでは、800近いデータを収集し、年間300件以上、のべ1000人以上の研究者や学生に利用いただいています。
最近では「社会生活における不安感に関するアンケート」(社会安全研究財団)、「日本版General Social Surveys 」(大阪商業大学比較地域研究所、東京大学社会科学研究所)などが公開されました。
既に実施された調査データをお持ちの研究機関・研究者の方は、データの散逸を防ぐため、また多くの方にデータの意義を知って有効に活用していただくためにも、是非データの寄託をご検討ください。

詳細はこちらをご覧ください。
http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/depo.html


Ⅱ 優秀論文賞について 
データ・アーカイブを利用して論文を書かれた場合には、利用報告書を提出いただいています。
昨年度より東京大学社会科学研究所で、提出いただいた論文の中から優秀論文、佳作を選出しています。
今年4月から来年3月までに報告いただいた論文は来年度の審査対象となります。

詳細はこちらをご覧ください。
http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/2nd_analycon.html


Ⅲ ICPSR国内利用協議会統計セミナー
 本年より、社会科学を専門とする大学院生や、教職員の方を対象に、基礎的な計量分析の方法に関するセミナーを、9月中旬に開催することになりました。
参加資格は、ご自身の所属する大学が、ICPSR国内利用協議会加盟校であることです。
参加費は無料です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/icpsr-lecture.html


▲このページのトップへ戻る