シンポジウム「大学の教育力」のご案内

主催:IDE大学協会
共催:東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター

趣旨
制度改革が一段落して、学部教育の質の高度化が大学改革の焦点となっています。大学は何を教えるべきなのか、教えることが出来るのか、そのために必要なこ とは何か。個々の大学が自ら考え、行動することが求められています。そのための出発点は、「学生がいま、何を、どう学んでいるのか」を把握することではな いでしょうか。アメリカの大学でも、学生への調査をもとに、恒常的に教育のあり方を自己診断し、改革を設計する試みが進んでいます。本シンポジウムでは、 その実情を紹介していただくとともに、日本の大学で何ができるかを考えます。

日 時: 2006年11月6日(月) 13:00~16:00
場 所: 東京大学 農学部 弥生講堂
参加費: 1000円 

 ※IDE個人会員(維持・学生・通常会員)は無料。
   参加費は当日、会場受付にてお支払いください。

問題提起:金子元久(東京大学大学院教育学研究科)
       S.チャットマン(カリフォルニア大学高等教育研究センター )
       小方直幸(広島大学高等教育研究開発センター )

参加申し込み: forum@ide-web.netまでメールでお願いいたします。
  ①氏名、②氏名カナ、③ご所属、④メールアドレスを明記してください。
  IDE個人会員の方は会員種別(維持・学生・通常会員)をご記入ください。

詳細は下記のサイトをご覧ください。  http://www.p.u-tokyo.ac.jp/crump/


▲このページのトップへ戻る