法政大学第4回FDシンポジウムのご案内

「大学教育に役立つ評価-GPA . 授業評価の活用法とその実践」
のご案内

 この度法政大学FD推進センターでは、教育の質的向上に向けた全学的な取組の一環として、第4回FDシンポジウムを開催致します。

 

 日時 :2006年11年18日(土) 午後1時より

 場所 :法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階A会議室

 テーマ:「大学教育に役立つ評価-GPA. 授業評価の活用法とその実践」

  大学教育に関わる評価には、教員が行う成績評価の他に、学生による授業評価、大学が受ける大学評価などがあります。
評価というと、能力や到達度を査定したり序列づけると受け取られがちで、否定的な印象を持つ人も少なくないでしょう。
しかし、うまく「活用する」ことができれば、教員も学生も、自分の活動を振り返るよい指標となりうるものです。今回のシンポジウムでは、評価をどのように活用するのかをテーマに、GPA(Grade Point Average)の活用法や学習を支援する成績評価あり方について、実践例を交えて考えていきたいと思います。

 お申込:FAX,E-Mail にてお知らせくださいますようお願い申し上げます。

  ・ 詳細は、 http://www.hosei.ac.jp/fd/ をごらんください。
  ・ プログラムは、こちら をごらんください。


法 政 大 学    FD推進センター長 後 藤 篤 子

▲このページのトップへ戻る