国内セミナー「米国流測定文化の日本的受容の問題」のご案内

人文社会科学振興のためのプロジェクト研究事業「日本の教育システム」
平成19年度 国内セミナー
「米国流測定文化の日本的受容の問題」のご案内

シンポジウムタイトル:
     米国流測定文化の日本的受容の問題
    ~日本の教育文化・テスト文化に応じた教育政策の立案に向けて
主 催:人文社会科学振興のためのプロジェクト研究事業
      「日本の教育システム」教育測定・評価サブグループ
後 援:日本テスト学会・International Society for Education
     (国際教育学会)
日 時:2007年10月27日(土)13:00~17:00
場 所:お茶の水女子大学 共通講義棟1号館 304号室
交通アクセス:
     東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩7分
     東京メトロ有楽町駅「護国寺」駅より徒歩8分
     都営バス「大塚二丁目」停留所下車徒歩1分
プログラム:
【開会の挨拶】
【話題提供】
・戦前:江口潔(中央大学非常勤講師)
     「テスト研究黎明期 における『メンタルテスト』の日本的受容と流通」
・戦後:木村拓也(京都大学経済研究所助教)
     「戦後大学入学者選抜研究における『予測的妥当性』の清算
     ~共通第1次試験の導入の経緯を中心 に」
・現代:倉元直樹(東北大学高等教育開発推進センター准教授)
     「『テストスタンダード』の日本的受容とこれから」
【指定討論】
・教育測定論の立場から
     柳井晴夫(聖路加看護大学教授 [大学院 担当]・大学入試センター名誉教授)
・教育社会学の立場から 
     苅谷剛彦(東京大学大学院教育学 研究科教授)

【解説】 荒井克弘 (東北大学副学長・東北大学高等教育開発推進センター長・東北大学大学院教育学研究科教授)
【質疑応答】
【閉会の挨拶】

問い合わせ先:京都大学経済研究所 教育経済学(漢検)寄附研究部門
          木村拓也研究室  
          mail to: jinsya_pro_1027@excite.co.jp

 

平成19年度国内セミナーのチラシはこちら↓
http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/~kimutaku/1027sympo-poster.pdf

人文社会科学振興のためのプロジェクト研究事業HPはこちら↓
http://www.jsps.go.jp/jinsha/index.html

「日本の教育システム」教育測定・評価サブグループHPはこちら↓
http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/~kimutaku/index01.html

入場は無料です。申し込みの必要はありません。
当日、直接会場までお越し下さい。


▲このページのトップへ戻る