公開シンポジウム「社会福祉学(ソーシャルワー ク実践)大学院教育のあり方高度専門職養成と研究者養成」開催のご案内 (3月27日)

【主催】日本学術会議社会学委員会 社会福祉学分科会

【共催】日本社会福祉系学会連合

【日時】平成22年3月27日(土)13時00分~15時00分

【場所】東洋大学白山キャンパス6号館2階6204教室(東京都文京区白山5
-28-20)

【趣旨】日本社会福祉教育学校連盟に加盟している大学院に提出された修士論文、博士論文のテーマおよび指導教授の把握、大学院所属の専任教員の専門、学位の有無、所属学会などについて実態を調査した。この調査により日本の社会福祉学(ソーシャルワーク実践)教育の博士前期課程(修士課程)、博士後期課程の現状と課題が明らかになった。
 現行の大学院教育では研究者養成を前提に論文指導を中心とした教育が行われている。だが、社会的には高度なコンペテンシーを体得したソーシャルワーカー養成が期待されている。本シンポジウムでは伝統的な研究者養成とスクールソーシャルワーカー、虐待対応ソーシャルワーカーといったスペシフィックソーシャルワーカー養成と大学院教育との関係についても議論する。

詳細は以下のホームページをご参照ください。

○日本学術会議事務局ホームページ
 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/88-s-1-1.pdf

【参加申込等】
下記URLより事前申し込みをしてください。
 http://www.scjsw.info/

【問い合わせ先】
 日本子ども家庭総合研究所内シンポジウム事務局 有村(アリムラ)
 E-mail: info@scjsw.info / TEL: 03-3473-8347 / FAX: 03-3473-8408

▲このページのトップへ戻る