「東京大学学校教育高度化センター主催シンポジウム「新たなカリキュラムの形成;これまでの研究・実践・政策を踏まえて展望する」についてのお知らせ 」(9月11日)

【主催】
東京大学大学院教育学研究科 学校教育高度化センター

 

【日時】
2010年9月11日(土) 午後1時~5時

 

【場所】福武ホール・ラーニングシアター

 

【入場料】無料(事前申込要)※当日受付不可

 

【定員】200名

 

【プログラム】
進行:根本彰(センター長・生涯学習基盤経営コース)
勝野正章(学校開発政策コース)
研究科長あいさつ 武藤芳照(身体教育学コース)

 

セッションI カリキュラムを考えるための枠組み
・ 新学習指導要領の方向と形成過程 市川伸一(教育心理学コース)
・ 21世紀型カリキュラムの特徴 佐藤学(教職開発コース)

 

セッションII  カリキュラムの新たな構成要素
・ 言語力を育てるカリキュラムと授業のために 秋田喜代美(教育心理学コース)
・ キャリア教育の課題:働くことを見つめ直す 高橋美保(臨床心理学コース)
・ システムからプロセスへ:市民性教育と生涯学習 牧野篤(生涯学習基盤経営
コース)
・ リテラシーの形成:目標とカリキュラム 藤村宣之(教育内容開発コース)

 

総括討議
・ 指定討論1 大桃敏行(学校開発政策コース)
・ 指定討論2 本田由紀(比較教育社会学コース)

 

【申し込み方法】
詳細は下記URLをご参照ください
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~c-kodoka/symp100911/symp20100911.html

なお、このシンポジウムについての詳細は下記URLよりご覧ください。
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~c-kodoka/index.html


▲このページのトップへ戻る