東日本大震災 被災・避難会員に対する2011学会年度会費免除措置について

 日本教育社会学会では、東日本大震災の被災及び避難により研究活動に支障をきたす状況にある会員を対象に、本人からの申請に基づき、2011学会年度会費(20119~20128月)を全額免除することになりました。この措置を希望される会員は、以下の留意事項をお読みの上、学会事務局に申請してください。また、お知り合いで被災・避難された会員の方をご存知の方は、この件についてお伝えいただければ幸いです。

  1. 会費免除の対象者は、東日本大震災の被災・避難のために研究活動に支障をきたしている現会員です。
  2. 会費免除を希望される方は、2011年5月末日までに自己申告してください。なお、特段の事情があって5月末までにご連絡いただけなかった場合は随時、事務局までご相談ください。
  3. 自己申告の際は、申請用紙(ここから(word)(pdf)ダウンロードできます)を、メール添付ファイル・郵送・FAXにより下記の学会事務局にお送りください。その際には申請書の「8.研究活動への影響」に被災の状況、現況などをできるだけ詳細にご記入ください。事務局長による書類確認により免除が認められれば、2011学会年度の会費振込用紙は発送いたしません。
  4. 今回の免除措置が適用された場合も、会員としての諸権利は会費納入者と同様に認められます。

 

<送付先>

   〒170-0004東京都豊島区北大塚3-21-10アーバン大塚

()ガリレオ学会業務情報化センター内 日本教育社会学会事務局

Tel:03-5907-3750/Fax:03-5907-6364

E-mail:g003jses-mng@ml.galileo.co.jp

 

【注意】今回の会費免除措置は来年度(20119~20128)の会費に限定したものです。援助の対象者であっても、今年度(2010年度:20109月~20118月)の会費、および再来年度以降(2012年度9月~)の会費はご負担いただくことになります。

 


大会情報

過去の一覧>>

学会奨励賞

締め切り: 2018年3月7日(必着)
(今年度の受付は終了しました)


▲このページのトップへ戻る