第77回 東海教育社会学研究会のご案内

 今回の研究会では,日本学術振興会特別研究員の安達智史先生に話題を提供していただきます。会員以外の方の参加も歓迎いたします。ご出席される場合は,11月24日(木)までに連絡をいただけましたら幸いです(連絡なしでの当日参加でもかまいません)。参加は無料です。ご不明な点がありましたら,研究会事務局までお問い合わせください。


話題提供:安達 智史 先生(日本学術振興会特別研究員)

 

報告題目:
 外国にルーツをもつ子どもと教育―学校・家族・地域の意義とその限界

 

報告要旨:
 本報告は,愛知県X市におけるフィールドワークに基づき,外国(主に南米とフィリピン)にルーツをもつ子どもたちの教育における,学校,家族,地域の有する課題,可能性,そしてその限界について論じることを目的としている。そこで,彼女/彼らが直面する教育問題は,家族や経済といった構造的要因と深く結びついており,その克服のために,同郷ネットワーク,教会,コミュニティ組織(特にNPO)など,ローカルな活動と支援が重要な役割を演じていることを明らかにする。

 

日時:2011年12月3日(土) 15:00~17:30

 

会場:名古屋大学教育学部 F演習室
○交通アクセス:地下鉄名城線「名古屋大学駅」下車,1番出口より徒歩3分
○キャンパスマップ:
 http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/
 会場はこのマップのなかの「B4⑤」の建物です。


 [東海教育社会学研究会事務局]
 〒464-8601
 名古屋市千種区不老町
 名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 教育社会学研究室
   E-mail: soe.tokai@gmail.com (@を小文字にしてご利用ください)
  (事務局担当:内田良 ※今年度より内田が担当となりました)


▲このページのトップへ戻る