ブラウン・バッグ・ランチ「崩れぬ壁:日本企業における組織的思考停止、女性役員の不足と性差別」のご案内(7月5日開催)

米国社会科学研究評議会(SSRC)及び国際交流基金日米センター(CGP)の共催でウエスタンケンタッキー大学准教授根本宮美子氏(2010年度安倍フェロー)を迎え、「崩れぬ壁:日本企業における組織的思考停止、女性役員の不足と性差別」と題するブラウン・バッグ・ランチをご開催します。

日時は7月5日(金)午後12時半より、イベント会場は国際交流基金ビル9階第三セミナー室で行われます。

ご質問はEメール ssrcABE@gol.comまたはお電話03-5369-6085で受付けております。

ABE BROWN BAG LUNCH

「崩れぬ壁:日本企業における組織的思考停止、女性役員の不足と性差別」

Unbreakable Walls: Organizational Inertia, the Lack of High-Powered Women,and Sex Segregation in Japanese Companies

過去20年間の日本における女性雇用を考える時、高学歴女性労働者数の増加や政府による雇用機会均等促進法の施行に反映されるように、ある程度の進歩はみられます。
また、結婚する女性が減ったことは、高学歴女性の雇用の増加をもたらしてきました。しかし、男性が外で稼ぐものであるとする伝統的な日本の企業文化の中で、どのように、またどの程度、高学歴女性労働者は受け入れられてきたのでしょうか。今回の安倍ブラウンバッグ・ランチで根本氏は、日本企業において長く続いてきた性別による習慣・慣例すなわち、採用、給与、昇進、性別的固定観念や長時間勤務などの違いが、どのように縦社会である企業において性差別を補強し、結果として大多数の女性の昇進を阻んでいるかについて報告されます。

There has been some improvement in the last two decades regarding women's employment in Japan, reflected in the number of highly educated women in the workforce and the government's implementation of laws promoting equal employment. Decline in the number of women marrying has also led to the increase in educated women's employment. Still, it is not clear to what extent the traditional male breadwinner corporate culture has effectively accommodated educated women workers. In this presentation, Nemoto discusses how persistent gendered customs in Japanese firms-related to hiring, pay, and promotions; gender stereotypes; and the custom of long work hours-reinforce vertical sex segregation, where a large majority of women continue to be concentrated on the lower rungs of the corporate ladder.

報告:根本 宮美子 Kumiko Nemoto

ウエスタンケンタッキー大学社会学部准教授、2010年度安倍フェロー

Associate Professor, Sociology Faculty, Western Kentucky University, 2010 Abe Fellow

司会:加藤 隆夫  Takao Kato

コールゲート大学経済学部教授、2001年度安倍フェロー

Professor, Department of Economics, Colgate University, 2001 Abe Fellow

2004年テキサス大学オースティン校より社会学博士号を取得。専門は日本および米国におけるジェンダー、仕事、家族、とそれらを巡る組織論。企業文化と性差別、現代的結婚の問題等に焦点をあてた主要論文は下記の通り、米英専門ジャーナルに発表されています。現在安倍フェローとして「日本、米国、中国における日系グローバル企業の雇用均等構造の比較研究」プロジェクトに取り組まれています。

Dr. Nemoto specializes in gender, work, family, and organizations in Japan and the United States. She received her PhD in Sociology from University of Texas-Austin in 2004. Her publications include: "When Culture Resists Progress: Masculine Organizational Culture and Its Impacts on the Vertical
Segregation of Women in Japanese Companies" in Work, Employment & Society (2012), and "Never-Married Employed Men's Gender Beliefs and Ambivalence Toward Matrimony in Japan" in Journal of Family Issues (forthcoming). Her Abe research project is "Comparative Study of Workplace Equality in a
Japanese Multinational Firm in Japan, the United States, and China".

日時:2013年7月5日(金)午後12時半~2時

Friday, July 5 From 12:30 to 14:00

会場: 東京都新宿区四谷4-4-1国際交流基金ビル9階、第三セミナー室

Seminar Room #3, 9th Floor, Japan Foundation, 4-4-1 Yotsuya, Shinjuku-ku, Tokyo

http://www.jpf.go.jp/j/about/outline/contact/map.html

注意:参加自由。よろしければメールでssrcABE@gol.comまでご一報ください。
入場無料。

なお使用言語は日本語です。昼食をご持参ください。

To sign up, please email us at ssrcABE@gol.com.
Admission is free.

The presentation will be in Japanese. Please bring your lunch.

The Abe Fellowship Program is administered by the Social Science Research Council in cooperation with, and with the funds provided by the Japan Foundation Center for Global Partnership.

安倍フェローシップ・プログラムは国際交流基金日米センター(CGP)と米国社会科学研究評議会(SSRC)の共催事業です。


大会情報

  • 第68回大会のお知らせ
  • 日程:2016年9月17日(土)-18日(日)
     ※一部各種会合等9月16日(金)
    場所:名古屋大学
    ▼発表申込期間:
     5月20日(金)-6月15日(水)
    ▼発表要旨原稿の提出期間:
     7月1日(金)-8月5日(金)
    ▼大会参加費・懇親会費の事前振込の期限:
     9月6日(火)まで
    【大会ウェブサイトはこちら】
    http://www.jses2016.info/

過去の一覧>>

学会奨励賞

  締め切り: 2015年3月7日(必着)


▲このページのトップへ戻る