第6回学会奨励賞・論文の部 授賞式が行われました(2014年9月13日)

 第6回学会奨励賞・論文の部の受賞者(3名)が決定し、日本教育社会学会第66回大会(愛媛大学・松山大学)において授賞式が行われ、加野会長より表彰状が、北澤学会賞選考委員長より副賞が授与されました。おめでとうございます。

 

20140913.jpg

 

 受賞者と受賞対象論文は、以下のとおりです(五十音順、敬称略)。

○中澤渉(大阪大学)
「通塾が進路選択に及ぼす因果効果の異質性-傾向スコア・マッチングの応用-」(『教育社会学研究』第92集)

○古田和久(新潟大学)
「高校生の学校適応と社会文化的背景-学校の階層多様性に着目して-」(『教育社会学研究』第90集)

○薮田直子(大阪大学大学院)
「在日外国人教育の課題と可能性-「本名を呼び名のる実践」の応用をめぐって-」(『教育社会学研究』第92集)

 3論文は、いずれも『教育社会学研究』に掲載された論文です。それぞれ研究対象やアプローチは異なっていますが、新しい研究を切り開いていく可能性を感じさせる論文として高く評価されました。
 これを土台に、今後さらに研究を深められ、教育社会学研究の発展に寄与されますことを祈念いたします。


▲このページのトップへ戻る