第2回国際活動奨励賞の授賞式が行われました(2015年9月9日)

第2回国際活動奨励賞は、厳正な審査の結果2名の会員の受賞が決定し、第67回大会(駒澤大学)において授賞式が行われました。加野会長より表彰状と副賞が授与され、国際活動奨励賞特別委員会の山田委員長より講評が行われました。

受賞者と受賞対象業績は、以下のとおりです(五十音順、敬称略)。

○受賞者:松岡 亮二(早稲田大学)
受賞対象業績:Ryoji Matsuoka "School socioeconomic compositional effect on shadow education participation: Evidence from Japan", British Journal of Sociology of Education, Vol. 36, No. 2, pp.270-290, August 14, 2013


○受賞者:湯川 やよい(一橋大学・和光大学)
受賞対象業績:Yayoi Yukawa, Chisato Kitanaka and Mieko Yokoyama "Authorship Practices in Multi-Authored Papers in the Natural Sciences at Japanese Universities", International Journal of Japanese Sociology, Volume 23, Issue 1, pp.80-91, March, 2014


本賞は、本学会の会員による国際的な業績発信を奨励するために設けられたもので、研究歴20年以下の会員を対象に、2年に一度、自薦による公募を行います。今後も会員各位のご応募をお待ちしています。


▲このページのトップへ戻る