日本学術会議主催 新春緊急学術フォーラム「少子化・国際化の中の大学改革」のご案内(1月7日開催)

・日  時:平成28年1月7日(木)13:00~17:55

・場  所:日本学術会議講堂

・共  催:一般社団法人国立大学協会、日本私立大学団体連合会(調整中)

・開催趣旨:

少子化、国際化、理科離れ、実践的教育の重視論等、わが国の高等教育をめぐって種々の環境変化や動きが顕在化している。一方で、高等教育は人材育成の最終過程であるとともに、大学において行われる研究活動を通じて、産業・社会の革新がもたらされる。時代の展開において、わが国の大学は何処に向かって舵をとるべきかを、大学人、政治・行政、経済界、メディアを代表する識者による問題提起と討論によって探る。

・次  第:

総合司会:
井野瀬久美惠(日本学術会議第一部会員・副会長、甲南大学文学部教授)

13:00~13:10 開会挨拶・趣旨説明
大西 隆(日本学術会議第三部会員・会長、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)

13:10~15:40 講演(1人20分)(50音順)
帯野久美子(株式会社インターアクト・ジャパン代表取締役)
黒田 壽二(日本私立大学団体連合会副会長、金沢工業大学学園長・総長)
里見  進(一般社団法人国立大学協会会長、東北大学総長)
鈴木  寛(文部科学大臣補佐官)(概ね14:30頃~講演20分、質疑10分)
清家  篤(日本学術会議連携会員、日本私立大学団体連合会会長、慶應義塾大学塾長)
永田 恭介(一般社団法人国立大学協会副会長、筑波大学学長)
柳澤 秀夫(日本放送協会解説主幹)
(経団連:調整中)

15:40~15:55 休憩

15:55~17:45 パネルディスカッション(50音順)
司会:
杉田  敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授)
パネリスト:
帯野久美子(前掲)、黒田 壽二(前掲)、里見 進(前掲)、
清家 篤(前掲)、永田 恭介(前掲)、柳澤 秀夫(前掲)、
(経団連:調整中)

17:45~17:55 閉会挨拶
福田 裕穂(日本学術会議第二部会員、東京大学大学院理学系研究科長・理学部長・教授)

(参加費 無料)
・定  員:先着250名
・お申込み:日本学術会議ウェブサイト
      (https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html) 又は
      Fax: 03-3403-1260 にてお申込み下さい。
・問合せ先:
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
 電話:03-3403-6295


▲このページのトップへ戻る