「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」報告会のご案内(7月17日開催)

小・中・高校生の自立と親子パネル調査の可能性
―「子どもの生活と学びに関する親子調査2015(Wave1)」から―

 東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所は、2014年より「子どもの生活と学び」の実態を明らかにする共同研究プロジェクト(「子どもの生活と学び」研究プロジェクト)を行っています。このプロジェクトは、小学1年生から高校3年生の子どもとその保護者を対象に、子どもの生活や学習の状況、保護者の子育ての様子を複数年にわたって調査し(親子パネル調査)、子どもの成長とともに、それらがどのように変化するのかを明らかにするものです。
 今回は、第1回調査である「子どもの生活と学びに関する親子調査2015(Wave1)」の結果をご報告し、小・中・高校生の自立の現在と親子パネル調査の可能性を探ります。
 どなたでもご参加いただけます。参加は無料ですが、事前のお申し込みをお願いします。多数の皆さまのご来場をお待ちしております。


日時:2016年7月17日(日)13:30~17:00(開場:13:00)

開場:東京大学大学院 情報学環・福武ホール
   (東京都文京区本郷7-3-1)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/

お申込み:下記のサイトからお申込みください。
http://berd.benesse.jp/berd/symposium2016_0717/

(参加費無料 定員:先着200名)

プログラム(敬称略):
開会の挨拶「パネル調査の目的・意義」
  石田浩(東京大学社会科学研究所 教授・プロジェクト代表)
パネル調査の全体設計、調査概要
  橋本尚美(ベネッセ教育総合研究所 研究員)
結果報告
 ①全体結果:子どもと保護者の現状と課題
  木村治生(ベネッセ教育総合研究所 副所長、東京大学 客員准教授)
 ②分析1:親のかかわりと子どもの育ち
  岡部悟志(ベネッセ教育総合研究所 研究員)
 ③分析2:家庭内ルールの設定とその背景
  苫米地なつ帆(東京大学 助教)
 ④分析3:子どもの能力と家庭背景
  太田昌志(ベネッセ教育総合研究所 特任研究員)
 ⑤分析4:子どものことが分からない:
      子どもの能力や気持ちが「分からない」とは?
  香川めい(東京大学 特任助教)

全体討論:
親子パネルの今後
―「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」の結果をふまえて
登壇者:
耳塚寛明(お茶の水女子大学 教授)
秋田喜代美(東京大学 教授)
松下佳代(京都大学 教授)
藤原翔(東京大学 准教授)
邵勤風(ベネッセ教育総合研究所 初等中等教育研究室長、主任研究員)
コーディネーター:小泉和義(ベネッセ教育総合研究所 副所長)

閉会の挨拶
  谷山和成(ベネッセ教育総合研究所 所長・研究プロジェクト代表)

主催:東京大学社会科学研究所
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/clal/index.html
   ベネッセ教育総合研究所
http://berd.benesse.jp/special/childedu/

お問い合わせ:
【事務局】ベネッセ教育総合研究所
〒206-0033 東京都多摩市落合1-34
TEL:042-356-6292(受付時間:10:00~17:30[12:00~13:00、土日祝日を除く])
E-mail:research-monitor@mail.benesse.co.jp


▲このページのトップへ戻る