日本高等教育学会創設20周年記念行事について(5月14日開催)

日本高等教育学会では、学会創設20周年記念行事『新制大学の過去、現在、未来--転換期に立つ大学』を本年5月14日(日)に実践女子大学渋谷キャンパスにて開催します。会員・非会員を問わず参加いただけます。事前申込を下記の学会サイトで受け付けています。ふるってご参加ください。

日本高等教育学会創設20周年記念行事
『新制大学の過去、現在、未来―転換期に立つ大学』

 日本高等教育学会は創設20周年を迎えるにあたり、昨年6月の学会大会では、大学設置基準大綱化以後に焦点を当て、高等教育市場の拡大について論じるべく「プレ企画」を開催した。そしてそこでの議論のなかから浮かび上がってきたのは、現在の高等教育をめぐる問題の大きさであり、従来の枠組みにとらわれない根本的な視点からの検討が必要ではないか、ということであった。
 そのことを踏まえ、今回の創設20周年記念行事では、テーマを「新制大学の過去、現在、未来―転換期に立つ大学」とし、新制大学発足から、今日へ、さらには未来へと、高等教育の来し方行く末をたどり、それがもつ課題と今後の方向性を明らかにすることとしたい。
 記念行事ではまず記念講演を、長く大学行政の経験をもたれ、かつ戦後高等教育史研究でも著名な大崎仁氏にお願いする。続くシンポジウムでは、現在の高等教育が直面する課題を明らかにし、それら解決困難とも見える課題を負った現在の高等教育の状況を未来に向けてどのように転換させるか、そこにはどのような研究課題が内包されているのかについて討論する。話題提供者として、1)高等教育研究者として政策/制度的課題について舘昭氏、2)隣接領域の研究者から大学の自律性とファンディングについて上山隆大氏、3)大学経営現場から市場化の課題と今後の可能性について濱名篤氏に報告してもらう。コメンテーターは矢野眞和氏にお願いする。その上で議論を深めていきたい。

□□ 開催要領 □□
日  時: 2017年5月14日(日) 13:00開始、17:00終了予定

会  場: 実践女子大学 渋谷キャンパス (東京都渋谷区東1-1-49)
      ⇒ 渋谷駅から徒歩約10 分、表参道駅から徒歩約12 分
        駅からのアクセスは下のリンクをご参照ください。
http://www.jissen.ac.jp/access_guide/onlv02000000blqo-att/print_shibuya.pdf

参加申込: 会員・非会員を問わず、どなたでもご参加いただけます。日本高等教育学会サイトの参加申込フォーム(下記)より5月10日(水)までにお申し込みください。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/JAHER

参加費:無料
詳 細:こちらをご覧ください。


▲このページのトップへ戻る