日本教育社会学会第70回大会 課題研究Ⅲ「アクティブラーニングの教育社会学」公開研究会 報告資料の公開について

【当日プログラム】
報告1:井上義和(帝京大学)
「コミュニケーションからファシリテーションへ―アクティブラーニングの社会理論の試み」(資料1

報告2:小方直幸(東京大学)
「高等教育政策とアクティブラーニング」(資料2

報告3:濱中義隆(国立教育政策研究所)
「全国学生調査に見るアクティブラーニング」(資料3

討論者:下司晶(日本大学・非会員)
司会:牧野智和(大妻女子大学)

日時:2018年11月6日(火)18:00~20:30
会場:東京大学本郷キャンパス教育学部棟109教室

平日夜の都内開催ということでご来場いただけなかった方も多くいらっしゃったと思います。改めてお詫び申し上げます。研究委員会で当日の「討論の記録」を作成しましたので、ご興味のある方はご覧いただければ幸いです。討論の記録、各報告資料ともに2019年2月末まで公開いたします。


▲このページのトップへ戻る