異文化間教育学会 公開研究会「異文化間教育における政策と研究者の役割」のお知らせ(12月9日開催)

異文化間教育学会第40回大会(2019年6月8日・9日)に向けた公開研究会を、次の通り開催いたします。
ふるってご参加ください。

■特定課題研究テーマ
「異文化間教育における政策と研究者の役割」
日時:2018年12月9日(日)13:00~16:00

会場:東京大学本郷キャンパス教育学部棟109教室
アクセスマップ・キャンパスマップ
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cg

■概要

昨年度の特定課題研究「政策的視点からの異文化間教育研究」の成果をふまえて、今年度は、異文化間教育の政策や政策過程に対して、研究者はどのような価値観、立ち位置、方法で関わることができるのか、関わるべきなのかについて、具体的事例を取り上げながら検討します。

■プログラム
※内容等若干変更する場合があります
進行:
馬渕仁(大阪女学院大学)

導入:
工藤和宏(獨協大学)
「昨年度特定課題研究『政策的視点からの異文化間教育研究』の成果と展望」

発題:
1.金侖貞(首都大学東京)
「政策をどう考えていくか――識字政策の形成を中心に」
2.太田浩(一橋大学)
「どうする日本の留学生受入れ――ポスト30万人計画を見据えた留学生政策」

全体討議

■参加費:無料

■申し込み:
※事前申し込み:以下のメールアドレスまでタイトル「2018年度公開研究会」「お名前」「ご所属」「会員/非会員」をご記入の上、参加お申込みください。
異文化間教育学会事務局 Email:iesj@meiji.ac.jp

■学会HP
http://www.intercultural.jp/seminar/kenkyukai.html


大会情報

過去の一覧>>

学会奨励賞

締め切り: 2019年3月7日(必着)


▲このページのトップへ戻る