日本質的心理学会研究交流委員会『質心、軽暖の方法論祭り2019』のお知らせ(3月2・3日開催)

本学会会員から、下記のご案内をいただいております。

日本質的心理学会研究交流委員会『質心、軽暖の方法論祭り2019』のお知らせ

質的研究は、方法論のハウツーを学ぶだけでは不十分だと言われます。しかしさまざまな方法論を学ぶことは、質的研究で重要とされる勘所を理解し、目的にかなった方法論をつくる上でも重要だと思われます。そこで、日本質的心理学会研究交流委員会では、1つの方法論を1日かけてじっくり学びつつ、複数の方法論についても学ぶことのできる企画を3月2日・3日に実施します。今回は「現象学的研究」(3日)と、現象学に近い観点をもちつつ、フィールドでの独自の展開をした「エピソード記述法」(2日)、そして「エスノグラフィー」(3日)の3つを取り上げます。

現象学つながりで、「エピソード記述法」(2日)と「現象学的研究」(3日)を受講してくださっても、フィールドつながりで「エピソード記述法」と「エスノグラフィー」を受講くださっても、またどれか一つだけでも、様々な学びが得られると思います。ご関心のある方はこの機会にぜひ御参加ください。

会場:武蔵野美術大学 三鷹ルーム(JR三鷹駅 徒歩4分)
  http://cc.musabi.ac.jp/access#anchor-03

参加費(当日払い):
日本質的心理学会会員(2019年度から入会申し込み中も含む):1企画につき500円
日本質的心理学会非会員:1企画につき3000円

企画の詳細および申し込み
各企画定員があります。定員をオーバーした場合、参加をお断りする場合があります。http://www.jaqp.jp/seminar.htmlで内容をよくご確認の上、下記URLからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/evJmrdE6uOFjkoaU2
問い合わせ
jaqp.kenkyu.koryu@gmail.com (荒川)

スケジュール:
3月2日13:00-16:00「エピソード記述で対話する」講師:勝浦眞仁(桜花学園大学)
3月3日10:00-18:00「体験から学ぶエスノグラフィー」講師:柴山真琴(大妻女子大学)
3月3日10:30-16:30「はじめての現象学的研究」講師:坂井志織(首都大学東京)


大会情報

  • 第71回大会のお知らせ
  • 期日:2019年9月12日(木)-13日(金)
    (一部会議 9月11日(水)開催)
    場所:大正大学(東京都)
    発表申込期間:4月22日(月)~5月24日(金)18時
    発表要旨原稿提出期間:6月17日(月)~7月17日(水)18時
    詳細はこちら

過去の一覧>>

学会奨励賞

締め切り: 2019年3月7日(必着)


▲このページのトップへ戻る