安倍フェローシップ・コロキアム「占領、戦後教育と信教の自由という難題について考える」のご案内(4月18日開催)

標記について、下記のご案内をいただいております。

「安倍フェローシップ・プログラム」では、ジョリオン・バラカ・トーマス氏をスピーカーに迎えて『占領、戦後教育と信仰の自由という難題について考える』と題するコロキアム・講演会を開催いたします。

<日本語版>
https://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/abe/news/colloquium190418.html

<英語版>
https://www.jpf.go.jp/cgp/e/fellow/abe/news/colloquium190418.html

「安倍フェローシップ・プログラム」は米国社会科学研究評議会(SSRC)と国際交流基金日米センターの共催事業で、現代のグローバルな政策課題についての学際的・国際的な研究と論議の増進を目的としています。

当プログラムの詳細はwww.abefellowship.infoをご参照ください。案内状もご覧ください。

つきましては本コロキアムに関心のある方のご参加を歓迎いたします。参加は無料でお申し込みはEメールで受付けております。

お問い合わせはSSRC東京事務所にてメールabetokyo@ssrc.orgあるいはお電話03-5369-6085までお気軽にどうぞ。


▲このページのトップへ戻る