『社会学評論』235号(第59巻第3号)

投稿日:2009年01月14日 カテゴリー:学会内委員会 タグ:社会学評論編集委員会 投稿者:学会事務局

■投稿論文
農家女性の家事労働における共同化の意味...................................................増田 仁
犯罪リスク知覚の規定構造.....................................................................阪口 祐介
M. フーコーにおける「自己への配慮」...................................................藤田 博文
外国人の居住地選択におけるエスニック・ネットワークの役割........................是川 夕
家庭環境と能力形成の過程.....................................................................岡部 悟志
専門職における制度変革によるアノミー現象.............................................藤本 昌代
スカーフ論争とドイツの規範的自己理解の現在..........................................飯島 祐介
「上演」に根ざす地域伝統文化...............................................................長澤 壮平
ナショナリズム研究における構築主義......................................................新倉 貴仁
アドルノの「伝統」概念.....................................................................片上 平二郎

■書評
小島 剛著『科学技術とリスクの社会学』................................................小松 丈晃
倉石 一朗著『差別と日常の経験社会学』................................................足立 重和
犬飼 裕一著『マックス・ウェーバーにおける歴史科学の展開』..................嘉目 克彦
筒井 淳也著『親密性の社会学』............................................................数土 直紀
櫻井 義秀著『東北タイの開発僧』.........................................................鈴木 規之

■編集後記