森記念財団 第3回都市ビジョン講演会「オリンピック後、2030年の成熟都市・東京を考える」のお知らせ

投稿日:2015年01月29日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

講演会概要


「オリンピック後、2030年の成熟都市・東京を考える」


日時
 2015(平成27)年2月24日(火)13:30~16:30(開場13:00~)
会場
 六本木ヒルズ森タワー49階タワーホール(東京都港区六本木6-10-1)
定員
 250名(参加無料/先着順受付*定員になり次第、受付を終了させていただきます)

開催概要
 本講演会は、東京オリンピック終了後の2030年における成熟した世界都市・東京の期待すべき姿と、その具体化の道筋を探るものです。
 将来の社会形成に影響を与える環境激変の要因として、少子高齢化と空家問題に着目し、東京区部において、生活多様性が成立している社会の到来に積極的に対処するため、「眠れる資産」である民間の空家の積極的活用と新耐震設計以前の都営住宅の大胆な用途転換を提案します。
 その上で、オリンピック後の東京において、安全でサスティナブル、少子高齢化やグローバル化に対応した快適性の高い都市環境を創出し、老若男女、国籍、貧富を問わず様々な人が、住み・働き・楽しむ社会が形成された成熟した世界都市・東京を如何に創り出すかを模索するものです。

お申込方法
 こちらよりお申込ください。