第88回日本社会学会大会 一般研究報告Ⅲ(テーマセッション)のテーマとコーディネーターの募集要領(2月17日締切)

投稿日:2015年02月17日 カテゴリー:大会情報  投稿者:学会事務局

第88回大会における一般研究報告Ⅲ(テーマセッション)のテーマとコーディネーターを、下記の要領で募集いたします。

応募にあたっては、報告者があらかじめ限定されることがなく、なるべく多様な報告者が応募できるようご留意ください。なお、書評の内容を含むセッションでの応募をご希望の場合は、テーマセッションにふさわしい題目と趣旨で応募ください。

3月の研究活動委員会で開催セッションを内定し、4月学会ニュースで報告者の募集を行います。その応募数に基づいて最終的にセッションの成否を判断し、その後コーディネーターの方々に応募者への連
絡や報告順決定などを委任することになります。

(1) 応募の締め切りは2015年2月17日(火)【必着】です。応募書類を、学会事務局に電子メールで添付ファイルにして送ってください(jss@sociology.gr.jp)。

(2) 応募書類(書式自由)に、

①コーディネーター名、所属、連絡先(住所・電話・電子メール)
テーマ
③趣旨(視角・理由などを日本語セッショ
ンでは800字程度、英語セッションでは 300 words程度)
④キーワード(5個以内)
⑤使用言語

5項目について記入してください。なお、使用言語は日本語と英語に限ります。開催が内定した場合は、この原稿がそのまま次回ニュースの報告者募集原稿となります。

(3) テーマセッションのコーディネーターは1名とし、自薦に限ります。コーディネーターは、原則として司会を兼ねます。また、コーディネーターが報告者(連名を含む)となることはできません。

(4) セッション成立の条件は、報告数4件以上です。

(5) 同一テーマかつ同一コーディネーターによるテーマセッションは、2年までとします。

(6) 日本語セッションにおける英語での発表は、コーディネーターが認めれば行えます。