比較家族史学会 第57回研究大会「家と共同性」のお知らせ

投稿日:2015年06月09日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局


日 時:
2015620日(土)~621日(日)

会 場:札幌大学 1号館4階1401教室

 

◆シンポジウム「家と共同性」プログラム

 

620日(土)

10:2010:30  会長挨拶 森謙二(茨城キリスト教大学)

10:3013:00  第1部「家社会の成立史」

1.「戦国期畿内・近国の百姓と家」・・・坂田 聡(中央大学)

2.「中世・近世の宮座と家」・・・薗部寿樹(山形県立米沢女子短期大学)

3.「関東における家の成立過程と村

  ――地縁的・職業的身分共同体と家」・・・戸石七生(東京大学)

4.「近世後期における家の確立

  ――東北農村と西南海村」・・・平井晶子(神戸大学)

14:3018:15 第2部「近現代における家社会の展開」

5.「明治民法『家』制度の構造とその展開

  ――2つの『家』モデルと生活共同体」・・・宇野文重(尚絅大学)

6.「三井の財閥化と別家」・・・多田哲久(小山工業高等専門学校)

7.「家・宮座・共同性

  ――近代移行期における家墓の普及と座送り慣行」・・・市川秀之(滋賀県立大学)

8.「下北村落における家の共同性

  ――オヤグマキ・ユブシオヤ・モライッコを中心として」・・・林 研三(札幌大学)

 

中間討論「シンポジウム企画趣旨の観点から」・・・加藤彰彦(明治大学)

 

621日(日)

9:3012:30 第3部「国際比較の視点から」

9.「婚出女性がつなぐ『家』

  ――台湾漢民族社会における均分相続と『生家』の役割から」・・・植野弘子(東洋大学)

10.「『家(チプ)』からみた韓国の家族・親族・ムラ」・・・仲川裕里(専修大学)

11.「近世インドの農村における農民と『家』

  ――1819世紀のインド西部・デカン高原に注目して」・・・小川道大(東京大学)

12.「スウェーデン農民層の農場継承と『家』

  ――1820世紀における「家族農場」の成立過程」・・・佐藤睦朗(神奈川大学)

13:3015:30 総合討論「家と共同性」

 

★参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生は無料

★プログラムの詳細・報告要旨は、以下のリンク先をご覧ください。

 

http://www.jscfh.org/blog/taikai/20150602/?from=rss