土木学会 東日本大震災5周年シンポジウム 「この5年間を,復興の加速と次への備えに活かすために」

投稿日:2016年02月04日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

詳細はこちらをご覧ください。

土木学会は東日本大震災への取組みを学会の最優先課題と位置づけ,発災直後に緊急調査団を組織・派遣し,学会長を委員長とする東日本大震災復興支援特別委員会を組織し,被害の実態と原因の解明と,今後の対策のための活動を行ってきました。
東日本大震災から5周年を迎えます。本シンポジウムでは、土木学会によるこの5年間の活動を総括します。他学会とも連携し,既存の工学の各領域分野の枠粗みを超えることなしには解決し得ない復興と防災・減災に関する6つの最重要テーマについて,5年間の活動報告を行い,分野の枠を超えたパネリストが各セッションに集い,復興の加速と今後の震災への備えについて議論します。
土木学会員のみならず,他分野の技術者・研究者,そして市民の方々のご参加をお待ちしております。


日時:平成28年3月1日(火)・2日(水)10時00分~17時00分


場所:発明会館(東京都港区虎ノ門2丁目9-14) 地下2階ホール


主催:公益社団法人 土木学会(東日本大震災復興支援特別委員会)


定員:300名


参加費、プログラムなどの詳細は、添付のちらし、概要およびプログラムにてご確認ください。定員制であり、また、当日のご参加は参加費が異なりますので、お早めのお申し込みをお勧めいたします。


参加申込は以下からお願いいたします:
http://www.jsce.or.jp/event


本シンポジウムは、建設系CPD協議会認定プログラムです。