第16回 政治コミュニケーション研究会のお知らせ

投稿日:2016年02月16日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

第16回 政治コミュニケーション研究会のお知らせ

政治コミュニケーション研究会を下記の通り開催いたします。
政治コミュニケーション研究会は16回目にして初の関西での開催となりますとともに、
「再帰的近代化論」を援用して政治を扱うというテーマ上、
社会学会のみなさまもご関心を持たれるのではないか思い、ご連絡いたします。
多くの皆様にご参加いただけますよう、お願い申し上げます。
なお、今回は第5回KG-RCSPセミナー(関西学院大学社会心理学研究センター)との共催になります。

第16回 政治コミュニケーション研究会
【日時】2016年2月23日(火) 15:30~17:30
【場所】関西学院大学(西宮上ヶ原キャンパス) 社会学部棟 202教室
    会場案内図:http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html
【発表者】鈴木謙介さん(関西学院大学)
【タイトル】現代社会の課題としての「政治」:エンパワーと共生のはざまで
【発表言語】日本語
【懇親会】18時30分~(西宮北口駅周辺)

【概要】
政治を対象にした研究のアプローチは広いが、報告者はこれまで政治と社会学の境界領域として、
政治思想の研究を進めてきた。この分野では過去20年ほど、「再帰的近代化論」と呼ばれる
社会学理論を援用しながら、現代に特有の課題を理解し、政治の役割を明らかにする試みが続けられている。
今回の報告では、再帰的近代化論の基本的な枠組みを紹介しつつ、
なぜ「政治」が現代において課題となるのかについて問題提起を行う。
この種の問題提起はどちらかと言えば思索的で、「仮説→検証」型の社会科学的手続きには
なじまないとする見方も根強い。また兆候的な事例が観察されるのみで計量的な調査で把握すること
困難だとも考えられてきた。今回はこの点についても、現在までの研究動向を紹介したい。

■ 懇親会(18:30~)も西宮北口周辺で予定しております。ぜひご参加ください。
懇親会のみの参加も歓迎いたします。

■ 社会学会のみなさまには直前のご連絡となり恐縮ですが、懇親会へのご参加を希望
される方は、以下のフォームから【2月16日(火)までに】事前登録をお願いします。
研究会のみご参加の方は急ぎませんが、事前登録をお願いできますと幸いです。
https://docs.google.com/forms/d/1dSVlOSTew_8_YCQ87Tb-BLY_mNzZmA2PBcM8c4zPNgQ/viewform?usp=send_form

■ お問い合わせはk-inamasu@kwansei.ac.jp(稲増一憲)までお願いいたします。

研究会幹事:岡田陽介(立教大学)
      稲増一憲(関西学院大学)
      横山智哉(一橋大学)
      小林哲郎(香港城市大学)