日本人口学会 公開シンポジウム「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」のご案内

投稿日:2016年05月23日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

--------------------------------------------------------------------------------------
日本人口学会 公開シンポジウム「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」
--------------------------------------------------------------------------------------

日本人口学会・麗澤大学共催、公開シンポジウム「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」を開催します。

「少子化・人口減少の危機」に直面した21世紀、日本の人口政策はどうあるべきか。 戦前期日本の「産めよ殖やせよ」の時代は、現在ユニバーサルな政策のもとで出生率を回復させたフランスとスウェーデンにとっても、今日まで続く政策の土台を築き上げた時代でした。 なぜ彼らは成功し、我々は失敗したか。長期の歴史に学びつつ、従来の福祉・労働政策的な少子化対策を超える我が国の人口政策を考えます。

<公開シンポジウム> 「人口政策の成り立ちを考える~Linking Past to Present~」
【開催日時】    6月11日(土)15:00~18:40
【組織者】      加藤 彰彦(明治大学)・黒須 里美(麗澤大学)
【座 長】      原 俊彦(日本人口学会会長・札幌市立大学)
【開催校代表挨拶】中山 理(麗澤大学学長・道徳科学教育センター長)
【報告者】      沢山 美果子 (岡山大学)
                大塩 まゆみ (龍谷大学)
                藤田 菜々子 (名古屋市立大学)
                杉田 菜穂 (大阪市立大学)
【会 場】      麗澤大学 校舎「かえで」 1503教室
【参加費】      無 料

▼詳細・ポスター
http://www.reitaku-u.ac.jp/2016/05/18/56738

★お申込みはこちらから
https://paj2016.reitaku-u.ac.jp/
申込期間は5月18日(水)~6月8日(水)

★公開シンポジウムの他に、学会大会の様々なセッションにもご参加いただけます。人口問題に関心をおもちの皆様はぜひご検討ください。
<日本人口学会第68回大会~Linking Past to Present~>
【非会員参加費】 1,000 円(学部生は学生証提示で無料)
【大会プログラムの詳細】http://www.paoj.org/taikai/taikai2016/