日本学術会議 公開シンポジウム 「フューチャー・ソシオロジー:理論の未来、実証の未来、政策の未来」のご案内

投稿日:2016年09月29日 カテゴリー:イベント情報、 カテゴリー:日本学術会議  投稿者:学会事務局

日本学術会議 公開シンポジウム

フューチャー・ソシオロジー:理論の未来、実証の未来、政策の未来

 

 私たちは今、大きな転換点に立っています。世界の各地で、地球温暖化、エネルギー問題、格差拡大、高齢化、福祉制度の破綻などの問題が噴出しています。こうした問題に対して、社会学は様々な「処方箋」を提示してきましたが、有効な対策となるには至っていません。問題は膨れ上がるばかりです。大きなパラダイム転換も含め、まったく新しい社会学「フューチャー・ソシオロジー」を構想する時期にきています。本シンポジウムでは、都市、企業、地域、学校、家族それぞれの領域で、社会の新しい捉え方と実践について論じます。

 

・日時:平成28年10月29日(土)13時30分~17時00分

・場所:学習院大学目白キャンパス中央教育棟303号室

 

 

 I. 開会挨拶 13:30−13:40

     遠藤 薫(学習院大学法学部教授)

    司会:野宮大志郎(中央大学文学部教授)

 II. 報告

  ①基調講演 13:40−14:10

   「フューチャー・デザイン」

  西條 辰義 (高知工科大学フューチャー・デザイン研究センター教授)

  ②都市インフラ 14:10−14:30

   「人工知能と人工社会から未来へ」

  倉橋 節也 (筑波大学大学院教授)

  ③企業 14:30−14:50

   「働き方が変わる−−ネットワーク社会とクラウドソーシング」

     塚本 鋭 (㈱クラウドワークス データサイエンティスト)

  ④地域 14:50−15:10

   「地域にとって『未来』とは何か」

     若林 幹夫 (早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

 <休憩 15:10−15:20>

⑤学校 15:20−15:40

 「学力格差:今日の公教育の課題とその解決に向けて」

  志水 宏吉(大阪大学大学院人間科学研究科教授)

⑥家族 15:40−16:00

 「未来のかぞくと社会」

  渡邊 秀樹(帝京大学文学部教授)

 III.コメンテーターによる討論 16:00−16:15

   「多様な未来像からフューチャー・ソシオロジーへ」

     今田 高俊(東京工業大学名誉教授・統計数理研究所客員教授)

 IV. 全体討論 16:15−16:55 司会:佐藤義倫(東北大学文学研究科教授)

 V.  閉会挨拶 16:55−17:00

     矢澤修次郎(一橋大学名誉教授)

 

 ・事前登録不要。入場無料。コンタクト:野宮大志郎 dainom@tamacc.chuo-u.ac.jp

 ・主催:日本学術会議社会学委員会フューチャー・ソシオロジー分科会