大阪商業大学JGSS研究センター 「JGSS研究発表会2016」開催のお知らせ

投稿日:2017年02月16日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

「JGSS研究発表会2016」開催のお知らせ

日本版総合的社会調査共同研究拠点 大阪商業大学JGSS研究センターでは、
下記の通り、2017年2月19日(日)に「JGSS研究発表会2016」を開催いたします。

第一部では、JGSS公募論文2016 優秀賞受賞者の研究論文発表
第二部では、JGSS調査データに基づく研究発表と、現在実施しているJGSS-2017
の調査概要、ならびにJGSSの調査の実施過程で明らかになってきた社会調査を取
り巻く問題についての研究発表を行います。
多数の皆様のご来場を心よりお待ちしております(事前の参加申込は不要です)。

日時:2017年2月19日 (日)14:00~17:00
場所:大阪商業大学 本館4階会議室

■第一部 JGSS公募論文2016 優秀賞論文発表

原田 哲志(早稲田大学大学院 博士前期課程)
「JGSS累積データ2000-2012にみる排外主義の変化
     -若者の排外主義高揚論の検討-」

打越 文弥 (東京大学大学院 博士前期課程)
 「育児休業の取得が女性の就業継続に与える中長期的な影響
     -JGSS-2009LCSを用いた生存分析-」

■第二部 JGSS調査データに基づく研究発表

岡太 彬訓(立教大学 名誉教授)
「支持政党の変化と競合関係 Ⅱ
  -階層非対称クラスター分析-」

岩井 紀子(大阪商業大学 総合経営学部 教授)
「JGSS-2016の回収率と調査対象者からの問い合わせの変化」

角野 隆則(大阪商業大学 JGSS研究センター PD研究員)
「JGSSデータ公開をめぐる諸問題
   :住民基本台帳問題と閲覧にかかわる自治体の対応の問題」

西川 一二(大阪商業大学 JGSS研究センター PD研究員)
「JGSS-2017調査票の設計 (1)Grit Scale,同性婚などの新規設問」

岩井 紀子(大阪商業大学 総合経営学部 教授)
「JGSS-2017調査票の設計 (2)EASS 2006 family moduleの10年後と翻訳・選択肢
の問題」

お問い合わせ
大阪商業大学 JGSS研究センター