第3回アフラシア国際シンポジウムのご案内

投稿日:2018年01月09日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

第3回アフラシア国際シンポジウムのご案内

日時:2018年1月20日(土)10:00~18:00(会場9:30)
場所:龍谷大学深草キャンパス 和顔館B107教室

【プログラム】

10:0010:10 開会の挨拶 

清水耕介 (龍谷大学国際学部教授、アフラシア多文化社会研究センター長)

10:1011:50 基調講演

Kimberly Hutchings

Temporality(ies) of Judgment in International and Global Ethics’
 

「国際/グローバル倫理における判断の(様々な)時間性」

11:5013:00 昼食

13:001510 パネルOn the Moment of Opening: Revisioning the Present(開かれる瞬間:現在性再考)

Tony See氏 'Heidegger and Shinran: On Temporality, Faith and Ethics'「ハイデガーと親鸞:時間性、信仰、倫理について」

Satofumi Kawamura  'The Earth, Nothingness, and Politics: Nishitani, Suzuki, and Nishida’「大地、無、政治:西谷、鈴木、西田」

Akira Yoshida  'A Modality of Temporal Theory in Buddhism'「仏教における時間論の一様相」(仮)

15:101530 休憩

15301730 パネルTime, Duration, and Ethics (時間、持続、倫理)

J. Pilapil Jacobo氏 'Recalcitrant Rhythmes: A Poetics of Time from the Philippine Post-colony' 「抵抗するリズム:フィリピンのポスト植民地時代における時間の詩」

Shine Choi氏 'Nonalignment as an Aethetic: Lines, Temporal Forms and Anti-imperial Politics'「美学としての中立:線図、時間形式、反帝国の政治学」

Nobutaka Otobe  'Contentious Nature of Regret: Hideo Kobayasih and Communities of regret in Post WWII Japan'「後悔の論争的性格:小林秀雄と戦後日本の悔恨共同体」

Hiroaki Ataka  'Temporal Assumptions in Global IR: A Critique' 「グローバルな国際関係理論の時間的な前提:批判的観点から」

1730~ 閉会の挨拶

詳細はこちらのポスターをご覧ください。
第3回アフラシア国際シンポジウム・ポスター.pdf