日本社会学会の一般社団法人への移行に伴う定款案等について(パブリックコメントへの回答)

投稿日:2018年06月07日 カテゴリー:お知らせ  投稿者:学会事務局

【ご報告】
 先にいただいた学会の法人化に関するパブリックコメントについて、理事会で検討をしました結果をお知らせします。ご提案にもとづき、いくつか重大な修正も予定しておりますので、引き続き関心を持って検討にご参加いただければ幸いです。
 2018年度学会大会時の総会では議論の時間を設けますので、会員の皆様にはぜひ積極的なご参加をお願いいたします。


【日本社会学会の法人化に関するパブリックコメントの内容と回答】

ご意見およびご提案の内容対応に関する回答
(1) 代議員選挙規則案第4条などに記載されている「地区」について、再検討すべきではないか。かなり以前からの区分が踏襲されており、会員規模を反映した代議員が選出されない懸念がある。 ご指摘の通りかと思います。理事会の中にもそのような意見がありましたので、この機会に地区割の見直しをしたいと思います。ただし、簡単なことではありませんので、まずは今年度(2018年度)の大会での総会に向けて、できるかぎり会員諸氏のご意見を集めながら、新しい地区割案を検討したいと思います。大会時の総会でも会員からご意見をいただければと思いますので、総会への積極的な参加をお願いします。幸い法人としての設立は1年後の2019年度大会時を予定しておりますし、最初の代議員選挙が行われるのは、さらに1年後の2020年度の予定ですので、検討の時間は十分にあると判断しております。ご意見のある方は、随時事務局宛にご連絡いただければ幸いです。



  • ② 定款案第3条の法人の行う事業について,「(5)他学会・研究団体との連絡・連携,(6)海外学会との連絡・連携」とありますが,海外の研究団体が含まれるかどうか不明確であり,冗長にも思いますので,「(5)日本国内および海外の学会・研究団体との連絡・連携」として(6)を削除してはどうか.

    • ご意見の通り修正したいと思います.


  • ③ 定款案第3条の2「前項の事業は本邦及び海外において行うものとする」とあるが,現在の日本社会学会は日本国籍保持者だけではなく,それを持たない会員も差別なく受け入れています.会員のアイデンティティとして唯一の「本邦」が存在するとするのは無理があるのではないかと思います.よって「本邦」を「日本国内」に改めてはいかがでしょうか.

    • ご意見の通り修正したいと思います.



*********************

【御礼】
 5月末日締切で受け付けておりました、日本社会学会の法人化に関するパブリック・コメントについて、いくつかのご意見、ご提案、ご懸念などをいただくことができました。積極的にコメントを寄せていただいた会員の皆様には、心より御礼申し上げます。今後の取り扱いについては、以下のように予定しておりますので、お知らせ申し上げます。

 まず、いただいたコメントについては、理事会で検討し、定款案等の修正に反映させていくつもりです。そのうえで、学会大会時の会員総会で議論できればと考えております。ぜひ総会での検討にも引き続き積極的にご参加いただければ幸いです。なお、理事会で検討したパブリック・コメントへの回答については、それ以前にホームページ上で公開いたしますので、ご参照ください。

 日本社会学会の会員にとって、もっともふさわしい法人化の方向を見定めていきたいと考えておりますので、今後とも会員の皆様の積極的な関わりをいただけますならば幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

*********************

2017年11月4日に開催された総会において、日本社会学会の一般社団法人への移行準備を進めることが承認されました。

これを受けて理事会では検討を行い、一般社団法人への移行に必要な定款案・選挙規則案などを下記の通り作成しました。

 【定款案の概要】( WORD形式 / PDF形式 )
定款案、代議員選挙規則案、役員候補者選出規則案のそれぞれについて、その要点を解説した文書です。


 【定款案】( WORD形式 / PDF形式 )
一般社団法人としての定款となる文書です。

 【代議員選挙規則案】( WORD形式 / PDF形式 )
正会員が投票する、4年に1度実施される代議員選挙についての規則となる文書です。

 【役員候補者選出規則案】( WORD形式 / PDF形式 )
代議員が投票する、2年に1度実施される理事選挙についての規則となる文書です。

つきましては、日本社会学会ニュース222号でお知らせしましたとおり、これらの定款案・規則案についてパブリックコメントを募集いたします。(募集は終了しました)

お寄せいただいたご意見は、最終的な定款・規則の決定を行う際の参考とさせていただきます。なお、ご意見に対して個別の回答を差し上げることは致しかねますので、あらかじめご了承ください。