日本学術会議ニュース・メール No.636

投稿日:2018年06月11日 カテゴリー:日本学術会議  投稿者:学会事務局

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.636 ** 2018/6/8            
======================================================================

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】
日本学術会議中部地区会議主催学術講演会
  「世界に展く 地域の学び」 
---------------------------------------------------------------------■

1.主 催:日本学術会議中部地区会議、福井大学
2.日 時:平成30年7月6日(金)13:00~16:00
3.場 所:福井大学総合研究棟I 13階 会議室
           (福井県福井市文京3-9-1)

4.開催趣旨
 今日のグローバル化された社会の抱える課題の多くは、地域・国内・国際と
いう異なるレベルに共通するものであり、それぞれにおいて相互に関わりなが
ら分かちがたく展開しています。本講演会では、地域の学びによって培い世界
への展開を図る福井大学の研究や取り組みをとおし、課題に対する視点・視座
を提供します。

5.次 第 
 (1)13:00~13:10 開会挨拶 福井大学長 眞弓 光文
 (2)13:15~13:20 主催者挨拶
           日本学術会議会員 中部地区会議代表幹事 
                      戸田山 和久
          (名古屋大学大学院情報学研究科教授)
 (3)13:20~13:30 科学者との懇談会活動報告
           中部地区科学者懇談会幹事長 松田 正久
          (愛知教育大学名誉教授)

 (4)13:30~15:55 学術講演会『 世界に展く 地域の学び 』

 ・講演1「地域と世界をどうつなぐか -日本学術会議の取り組みから-」
  日本学術会議副会長 三成 美保
       (奈良女子大学副学長・教授(研究院生活環境科学系))
  ・講演2「グローカル化として見たグローバル化
           -多様性と均質性が交錯する社会進化の源泉としての地域を考える-」
   細谷 龍平
   (福井大学 教育・人文社会系部門総合グローバル領域
   (国際地域学部担当)教授)
 ・講演3「災害看護、地方大学での教育と世界」
   酒井 明子  
   (福井大学 医学系部門看護学領域(医学部看護学科担当)教授) 

 (5)16:00     閉会挨拶
     日本学術会議連携会員 中部地区会議運営協議会委員 
     中嶋 英雄
    ((公財)若狭湾エネルギー研究センター所長) 

 (司会)福井大学理事・副学長(研究、産学・社会連携担当) 岩井 善郎

※ポスターはこちら>>
 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/262-s-0706.pdf


【問合せ先】 
 日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究支援課内)    
 TEL::052-789-2039  

 地区会議の活動はこちらから>>
https://stage.scj.go.jp/ja/area/index.html


★-------------------------------------------------------------------☆
 日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
            http://twitter.com/scj_info
***********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
           http://jssf86.org/works1.html
***********************************************************************
=======================================================================