「研究業績の国際発信に関する調査」ご協力のお願い

投稿日:2018年08月26日 カテゴリー:お知らせ  投稿者:学会事務局

日本社会学会 会員各位

「研究業績の国際発信に関する調査」
ご協力のお願い


2018年7月
日本社会学会・国際発信強化のための特別委員会
委員長 長谷川公一

 今日、文系理系の学問分野を問わず日本の学術研究の国際化が大きな課題となっております。日本社会学会においても、2014年に世界社会学会議横浜大会を招致するなど、国際化に向けたさまざまな取り組みを行ってまいりました。
 また、今期の日本社会学会理事会は「国際発信強化のための特別委員会」を設置して、日本の社会学の国際発信を今後さらに促進するという課題を検討してまいりました。
 このたび本委員会では、この課題への取り組みを一層進展するため、日本社会学会会員がどの程度研究業績を国際発信しているのかなどについての学術的な基礎データを収集することを目的として、日本社会学会会員全員を対象に調査を実施することにいたしました。具体的には国際会議への参加・報告、留学経験、日本語および英語での研究業績、International Journal of Japanese Sociology (IJJS)への関心の程度、国際発信への意見などが主な質問内容です。
 調査結果は、9月から常設化される「国際発信強化委員会」の活動の基礎資料とするほか、英語ワークショップの企画等、日本社会学会の今後の諸活動に役立ててまいります。
 なお2018年3月4日開催の日本社会学会理事会において、本調査の実施と、実施のための学会としての協力について承認を得るとともに、東北大学文学研究科調査・実験倫理委員会に実施申請書を提出し、2018年6月29日付けで承認を得ております。個人情報保護法などの関係法規、日本社会学会倫理綱領・一般社団法人社会調査協会倫理規程を遵守いたします。
 この調査は、国際発信の実情等の全体的な傾向を把握する目的で研究業績を具体的にご記入いただくため、記名による調査となっております。プライバシーに関する事柄や個人のご回答が外部に漏れるようなことや得られたデータの目的外の使用は決してないことを、かたくお約束いたします。なお調査業務の委託にあたって、委託先の(株)日経リサーチからは、本調査の目的以外にメールアドレス情報を使用することはない旨の誓約書を得ております。
 つきましては、以上をご理解の上、是非ともご協力くださるよう重ねてお願い申し上げます。

■調査対象者
2018年5月時点で会員向けオンライン名簿に掲載されているすべての日本社会学会会員

■調査実施機関
株式会社日経リサーチ

■調査実施期間
2018年7月23日(月)~2018年8月26日(日)

■調査期間中の問合せ先
(1)設問内容等に関する問合せ
日本社会学会・国際発信強化のための特別委員会
e-mail:jsspublications2018@gmail.com

(2)回答の手順、アクセス方法、インターネット・トラブル等の技術的なもの、URLに関するお問い合せ等
株式会社日経リサーチ ソリューション本部 ソリューション第3部
担当:野木・佐野
e-mail:shakaigaku@nikkei-r.co.jp
受付時間:平日10:00-12:30、13:30-17:00