社会運動論研究会のお知らせ

投稿日:2018年11月30日 カテゴリー:イベント情報  投稿者:学会事務局

日時:2019年2月17日(日)14:00-18:00

場所:立命館東京オフィス(いつもと場所が違いますのでご注意ください)

   千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階(東京駅日本橋口または大手町駅B7出口から徒歩1分)

  http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/


報告:                                   

 

谷口祐人(慶応義塾大学大学院) 

「社会運動と空間ー官邸前・国会前抗議を事例として」

 

佐藤成基(法政大学)

「グローバリズムとナショナリズムードイツのための選択肢(AfD)の台頭と新たな政治的対立軸」

関連文献:

佐藤成基「グローバル化のなかの右翼ポピュリズム-ドイツAfDの事例を中心に」『社会志林』第65巻、第2号、2018年、95-115頁
佐藤成基「なぜ「イスラム化」に反対するのか―ドイツにおける排外主義の論理と心理」樽本英樹編『排外主義の国際比較―先進諸国における外国人移民の実態』ミネルヴァ書房、2018年

 

社会運動論研究会

http://blog.livedoor.jp/socialmovements/