『社会学評論スタイルガイド』

第2版刊行のことば

 日本社会学会が旧版の『スタイルガイド』を刊行したのは,1999年9月のことであった.それは,日本の社会学分野での初の本格的な執筆ガイドであり,細かいところまで神経の行き届いたその優れた内容から,その後,社会学論文を執筆する人々のもっとも重要な指針となってきた.しかし,社会学研究を取り巻く環境は常に変化しており,論文執筆にかんしても考慮すべき新たな状況が常に生まれ続けている.旧版『スタイルガイド』刊行以降,そこで触れられていない事態や,そのまま適用しにくい事態が生じた時などは,その時々の編集委員会で慎重に検討をし,『日本社会学会ニュース』やHPで告知しながら,柔軟に対応をしてきた.

 今期の社会学評論編集委員会が立ち上がった時点で,旧版『スタイルガイド』刊行から7年が経過しており,編集委員会事務局には,『スタイルガイド』にかんしての修正点,検討課題等がすでにかなり蓄積されていた.日常的業務の多い編集委員会に,『スタイルガイド』改訂という大きな非日常的業務を持ち込むことは躊躇されたのだが,いずれどこかでなされなければならないことであるし,今期委員会の終了時点で,旧版『スタイルガイド』刊行から10年という区切りのよい時期になるので,このさい,思い切って改訂版を刊行しようと考えた次第である.

 改訂のポイントは大きくみて3つある.第1は,インターネット環境の普及に伴い,一般化した電子情報の扱い方などにかんして,適切な指針を打ち出す必要があったということである.これは,今回の改訂の目玉とも言うべき部分であって,「3.8 ウェブ文書からの引用」という節を新たに加え,「4.5 電子化された資料」は大幅に書き足した.旧版の『スタイルガイド』をお持ちの方は,この部分がもっとも異なる箇所なので,ご注意いただきたい.

 第2の改訂のポイントは,旧版が刊行されたときにはなかった「日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針」が2006年10月に制定されたので,その内容を『スタイルガイド』にも反映することであった.旧版には,社会学評論独自の指針として,「バイアス・フリー」や「調査倫理」について述べられていたが,ずれが生じてはいけないので,この改訂版では,それらをけずり,「6.2 論文執筆のさいに守るべき倫理」に,「日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針」の「4.論文執筆など研究結果の公表にあたって」を全文掲載することとした.

 第3の改訂のポイントは,これまで10年の間に柔軟に対応してきた,投稿にあたっての新たな形式上の注意事項をまとめて明示することであった.それらは形式上のことであり,一見すると些末なことのように思われるかもしれないが,けっしてそうではなく,きちんとしたがっていただかないと,査読や印刷において支障をきたすことばかりである.この修正は,主として「5. 形式上の注意事項」で述べている.

 この3点以外にも,「4.2 欧文の文献」に「(6)英訳文献,その他の外国語翻訳文献」の記載の仕方を新たに明示したり,「3.6 フィールドワーク資料からの引用」の仕方をより詳細にしたりしている.その他細かいところもあげるならば,修正点は多岐にわたっているので,今後論文を執筆するさいには,ぜひこの改訂版にしたがっていただきたい.

 改訂版を作るという作業は思った以上に面倒な作業であったが,なさねばならないことであれば,苦労を厭わず自らの時間をけずってでも仕事をする編集委員ばかりであったので,この作業がなしえたと思っている.改訂版検討ワーキンググループのチーフであった浜日出夫委員のイニシアチブのもとに,よいチームワークができあがっていたためになしえた仕事でもあった.旧版刊行から10年経った今,こうして無事に,『第2版スタイルガイド』を刊行できることをおおいなる喜びとしたい.

 今期委員会としてはできる限りのエネルギーを注いで改訂版を完成させたわけだが,こちらで気づかなかった問題点などもあるのではないかと思う.必要に応じて随時変化し続けることが,『スタイルガイド』に永遠に課された課題であろう.お気づきの点があれば,ぜひ編集委員会までご連絡いただきたい.この『第2版スタイルガイド』が,すべての社会学研究者にとって役に立つものになってくれれば,と願っている.

2009年8月25日

日本社会学会編集委員会委員長
片桐新自

編集委員                                     
藤村正之  庄司洋子 川崎賢一 木本喜美子 後藤範章 小林久高
斎藤友里子 樽本英樹 浜日出夫 桝潟俊子  宮本孝二 好井裕明

第1版刊行の言葉

目次

第2版刊行のことば

第1版刊行のことば

1. 記述上の約束事
  1.1 和文は全角文字、欧文および算用数字は半角文字
  1.2 わかりやすい文章
  1.3 句読点
  1.4 算用数字と漢数字
  1.5 記号
  1.6 難読地名・人名

2. 

3. 引用
  3.1 研究者名の表記
  3.2 文献を示す割注
  3.3 参照
  3.4 短い引用
  3.5 長い引用
  3.6 フィールドワーク資料からの引用
  3.7 新聞記事などからの引用
  3.8 ウェブ文書からの引用
    -3.8.1  文献注のつけ方
    -3.8.2  ウェブ文書を論文で使用する場合の注意点

4. 文献
  4.1 文献リスト
  4.2 欧文の文献
  4.3 その他の外国語文献
  4.4 邦文の文献
  4.5 電子化された資料
         -4.5.1 電子書籍
    -4.5.2 電子ジャーナル
         -4.5.2.1 電子ジャーナル
         -4.5.2.2 紙媒体・電子媒体で提供される雑誌
    -4.5.3 ウェブページ・ブログなどウェブサイト上に掲載された情報
    -4.5.4 その他
         -4.5.4.1 オンラインデータベース
         -4.5.4.2 コンピュータファイル(MRDF)
    -4.5.5. URLについて

5. 形式上の注意事項
  5.1 全角文字と半角文字
  5.2 表題紙
  5.3 邦文要約
  5.4 見出しと小見出し
  5.5 図表
  5.6 数式
  5.7 注と文献
  5.8 欧文要約
  5.9 読みなおし
  5.10 枚数制限
  5.11 最終原稿の提出
  5.12 校正

6. その他の注意事項
  6.1 審査のめやす
  6.2 論文執筆の際に守るべき倫理
  6.3 二重投稿などの禁止

付記

補遺:参考文献

チェックリスト

『社会学評論スタイルガイド』の本文は,目次の各項目を開くことで見ることができます.

1999年9月12日の編集委員会でスタイルガイドの細部の訂正をおこない,10月8日にその最終版をこのホームページで見ることができるように更新しました.

さらに,1999年10月10日の編集委員会で若干の修正をおこない,10月12日にこのホームページ上での訂正をおこないました.

規約の改定に伴い,2004年4月27日にこのホームページ上での訂正をおこないました.

社会学評論編集委員会関係報告

(日本社会学会ニュースNo.174,2002.1.31 より)

1.「未発表論文(社会学評論に投稿可能な論文)」の定義について

『社会学評論』に対する会員の皆様からの投稿やその審査,編集などは,「編集規程」,「投稿規定」,「執筆要項」(いずれも1999年9月改正)に基づいて行われておりますが,「投稿規定」の末尾には,原稿を執筆要項と『社会学評論スタイルガイド』(1999年)に従って作成することを要請しています.その中で,今回は,特に二重投稿禁止について,皆様の注意を喚起したいと思います.

(1) 第1段落「......いかなる学術雑誌でも......」は,いわば常識的な注意ですが,現実には,それに違反する投稿が存在します.すでに何らかの学会誌等に掲載された論文だけでなく,別の雑誌や書物などに投稿して審査中の論文と同一あるいは類似の論文を投稿することはできません.ご注意ください.

なお,大学院生などの指導にあたっては,この点に関しても,折に触れご注意ください.

(2) 第4段落には,「......調査報告書に執筆した論文,所属大学院に提出した修士論文や博士論文,あるいは学会報告にさいして配布した報告原稿も,既発表論文にあたるので......」とありますが,これは決して「修士論文などを元にした論文は社会学評論に投稿できない」という意味ではありません.修士論文などに書いたものは,すでに他の学会誌や市販の書物などに投稿しているものでなければ,投稿することができます.現行『マニュアル』の趣旨は,「修士論文や報告書に書いたものの一部をワープロで切り取ってそのまま評論に掲載する,というような安易なことはしないでほしい.投稿にあたっては,仮に一度修士論文や報告書論文にまとめたものであっても,十分に吟味し推敲してほしい」ということです.


2. 投稿時のフロッピー提出について

「執筆要項」には,「論文は12,000字以上20,000字以内とする」「研究ノートは 12,000字以内とする」という規定がありますが,これは文字通りの字数を意味しています.この制限を実効あるものとするために,投稿に際して, Word ファイルおよびテキストファイルで保存したフロッピーを添付してください.なお,上記の字数は図表分を含んだものですので,評論誌面で図表が占める大きさに相当する字数を差し引いてお考えください〔この点に関しましては,執筆要項の改訂が進行中ですが,正規の改訂に先だって,予めお願いします.

社会学評論編集委員会からのお知らせ

(日本社会学会ニュースNo.176,2002.9.16 より)

『社会学評論』の投稿規定は,第1項で「本誌に発表する論文等は,いずれも他に未発表のものに限る」と規定し,また原稿は執筆要項と『社会学評論スタイルガイド』にしたがうことと定めています.そして『社会学評論スタイルガイド』は「7 その他」で論文の「未発表」という点についてさらに詳しく解説し,二重投稿の禁止,科研費報告書・修士論文・博士論文・学会報告資料などの扱いについて定めています.これらに基づいて,従来から編集委員会では,投稿された論文について,既発表論文との関係について説明を求めたり,場合によっては審査対象から外したり,不掲載にするといった処置をとってきました.

しかし,『社会学評論スタイルガイド』が定める既発表論文の種類は多様であり,すべてを同一の扱いにはできません.また,既発表論文との重複の程度にはさまざまなバリエーションがあり,画一的な判断はできません.そこで編集委員会では,投稿者の便宜を図るため,投稿規定の定める「未発表」論文の範囲を明確化するとともに,「未発表」ではない論文が掲載されるのを防止するための方策について検討を続けてきましたが,このたび一定の方針を定めることにしましたので,お知らせします.


*未発表論文の定義についてのお知らせと投稿についての御願い

『社会学評論スタイルガイド』が定めているとおり,既発表論文には雑誌論文(掲載予定・投稿中のものを含む),単行図書・単行図書所収論文(出版予定のものを含む)だけではなく,科研費報告書・修士論文・博士論文・学会報告資料を含みます.このように判断するのは,「発表」は「刊行」よりも広い概念であり,なんらかの形で研究業績として評価され,また第三者が閲覧・利用できる状態になることすべてを指すからです.したがって,これらの論文あるいはその一部を,そのまま投稿することはできません.投稿論文は,議論を発展させたかたちに書き直した新たな論文であることが必要です.また,既発表論文をもとにして書かれた,または関連する内容の論文を投稿する場合には,『社会学評論スタイルガイド』が定めるとおり,注または付記において,これらの論文にリファーし,両者の関係を明確に述べることが必要です.

既発表論文のうち,雑誌論文(掲載予定・投稿中のものを含む),単行図書・単行図書所収論文(出版予定のものを含む),博士論文をもとにして書かれた,または関連する内容の論文を投稿する場合には,これらの既発表論文すべてのコピーと,これらの論文と投稿論文の関係について説明した文書を添付してください.編集委員会で必要と認めた場合には,論文審査に入る前に,既発表論文と投稿論文の関係について点検を行います.なお科研費報告書・修士論文・学会配布資料については添付する必要はありませんが,この場合でも,投稿論文の注または付記では必ず言及してください.


****************************************
「スタイルガイド」草案へのご意見
ここを開くと、草案に対して皆様からお寄せいただいたご意見を読むことができます.
****************************************

今後とも,みなさまからの『社会学評論スタイルガイド』へのご意見を歓迎いたします.ご意見は,社会学評論編集委員会事務局Fax: 03-5841-8932 宛てにお寄せください.