名古屋大学大学院環境学研究科環境政策論講座教員公募のお知らせ(8月10日締切)

投稿日:2018年06月15日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

■職名
 教授または准教授1名

■専門分野
 社会科学をベースとした環境政策論(公共政策学、経済学、法学、政治学、社会学、地理学、哲学、倫理学など)

■担当科目
 大学院:専門分野の講義・セミナー・体系理解科目など
全学教育:文系基礎科目ないし文系教養科目など

■募集期間
 2018年8月10日(金)必着

詳しくはこちらをご覧ください。

安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト公募(9月1日締切)

投稿日:2018年06月15日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

米国社会科学研究評議会(Social Science Research Council)は、国際交流基金日米センター(The Japan Foundation Center for Global Partnership)との共催事業である安倍フェローシップ・プログラム(研究者等向け)の申請公募を行います。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。
http://www.abefellowship.info/

法政大学社会学部教員(社会心理学)公募のお知らせ(7月25日締切)

投稿日:2018年06月11日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

■職名
 専任講師、准教授または教授 1名

■専門分野
 「社会心理学Ⅰ、Ⅱ」のほか演習等。主担当科目は「社会心理学Ⅰ、Ⅱ」とする。

■募集期間
 2018年7月25日(水)17:00必着

詳しくは下記の大学ホームページをご覧ください。
http://www.hosei.ac.jp/saiyo/syakai_bosyu.html

成蹊大学文学部現代社会学科専任教員公募のお知らせ(7月20日締切)

投稿日:2018年06月04日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局


■職名
 教授、准教授、または講師

■勤務形態
 専任(期間の定めなし、定年制)

■専門分野
 都市における社会問題や文化現象に関する社会学的研究

■募集期間
 2018年7月20日(金)必着

詳しくは下記の大学ホームページをご覧ください。
https://www.seikei.ac.jp/gakuen/recruit/teacher/university.html

「東京財団政策研究フェローシップ」募集のお知らせ (8月20日締切)

投稿日:2018年06月04日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

政策研究を志す、博士号取得後間もない優秀な若手研究者に、最長5年間にわたり、十分な経済的支援とともに、当研究所において政策研究の基礎力を磨く機会を提供。
具体的には、当研究所において、自らの専門に近い研究部門に配置され、政策研究活動に参加すると同時に、自主研究を実施(自主研究の割合は原則50%上限)

【対象分野】経済学、政治学、社会心理学、統計学、社会学などの社会科学において、当研究所の政策研究に密接に関連した分野

【対象者】日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人で、2018年4月1日現在、博士号取得後3年未満の者、もしくは、博士号取得相当の能力を有すると認められる者

【フェローシップの内容】月額40万円と年間研究費20万円

【スケジュール】応募締切2018年8月20日、採用開始2019年4月(但し、2018年度開始対象者の場合は要相談)

【詳細のURL】 https://www.tkfd.or.jp/leadership/bpurz7


当フェローシップに関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

公益財団法人東京財団政策研究所
東京財団政策研究フェローシップ募集担当
〒106-6234  東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー34階
Tel:03-5797-8802
Email: kenkyu_fellow@tkfd.or.jp

椙山女学園大学文化情報学部メディア情報学科では、専任教員を募集しています。

■採用職名
准教授、または講師1名

■専門分野
メディア文化に関連する研究分野

■着任時期
平成31年4月1日

■応募期限
平成30年7月27日(必着)

詳細は下記の大学ホームページをご覧ください。
http://www.sugiyama-u.ac.jp/gakuen/recruit/

募集の概要

・助成対象となる研究分野は、食の文化研究

人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分野で食の文化に関する

研究も含めます。(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く)

特に、食の文化に関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらす

ことが期待される研究を優先的に対象とします。

・対象となる研究者は、原則として、40歳前後までの研究者

・対象となる研究活動は、2019年度(2019年4月~2020年3月)の一年間

・応募の期間は、2018年7月1日~2018年8月15日までとなります。

 

募集内容の詳細

 

・詳細は、「2018年度食の文化研究助成事業応募要領」を以下URLより、ご確認ください。

URL: https://www.syokubunka.or.jp/research/application.html

りそなアジア・オセアニア財団 平成31年度助成事業募集のお知らせ

投稿日:2018年05月21日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

当財団は、平成23年度に公益財団法人に移行しましたが、平成元年の財団設立以来、我が国とアジア・オセアニア諸国・地域との国際交流を通じて相互理解の増進に寄与することを目的とし、様々な活動を行っています。

今年度も、アジア・オセアニア諸国や地域に関する政治、経済、文化、歴史等の調査・研究、国際会議等の国際交流事業や出版等の啓発・広報活動等に対する助成事業や、アジア・オセアニア諸国や地域の水や緑をテーマにした自然環境の保護や整備を目的とする支援事業を行っており、公募により意欲的な応募が寄せられることを期待しております。

詳しくは下記のホームページをご覧ください。
http://www.resona-ao.or.jp/

同志社大学社会学部社会学科専任教員公募のお知らせ(6月25日締切)

投稿日:2018年05月18日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

同志社大学社会学部社会学科では、専任教員を募集しています。

■採用職名
准教授(任期なし) 1名 (採用時の職位は経歴・業績等を勘案して決める) 

■専門分野
海外をフィールドとする移動と文化に関わる社会学的研究

■着任時期
2019年4月1日

■応募期限
2018年6月25日(必着)

詳細は下記の大学ホームページをご覧ください。
https://www.doshisha.ac.jp/doshisha/recruit/society.html

■大学・研究組織
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構

■職務内容
職業リハビリテーションに関する調査研究業務

■職名・採用人数
若干名


■就任時期
平成30年10月1日

■応募期限
平成30年6月30日(土)【必着】

詳細についてはこちらをご覧ください。
任期付研究員募集要項.pdf

平成30年度下北ジオパーク研究補助金募集のお知らせ(6月8日締切)

投稿日:2018年05月18日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

趣旨

下北半島には、付加体の大地、日本海拡大期の海底火山の大地、第四紀火山群、堆積平野と、日本を構成する地質要素が集結しています。半島を囲む陸奥湾、津軽海峡、太平洋はそれぞれ性質が異なるとともに、津軽海峡の海流は冬季の強い季節風と共に海岸を浸食し特異な海岸地形を作っています。対馬海峡から津軽海峡を通して太平洋への流れは日本海の各地をつなぐ近世の海運をもたらしました。この大地と海を土台に育まれた動植物の生態系や、文化・信仰とその歴史など下北ならではの営みのもと、人々は生活しています。多様な自然要素を活用する住民の活動が高評価を得て、2016年9月に下北は大地と生態系と人々のつながりを学び楽しむ「ジオパーク」に認定されました。

多様なジオ資源に恵まれた地域である一方、研究がまだ十分に進展していない分野・地域が残っています。本補助金は、専門的知識を持った学生や研究者等の学術研究を支援し、基礎的学術資料の蓄積を図るとともに、地域に在住する生徒が地域への関心を抱くために実施する調査・研究活動を奨励することを目的に助成を行います。

 

 

申請書受付期間

平成30年5月16日(水)~6月8日(金)【必着】

 

申込先・問い合わせ先

〒035-8686 青森県むつ市中央1-8-1 下北ジオパーク推進協議会事務局

(むつ市 企画政策部 ジオパーク推進課内)

TEL 0175-22-1111 / FAX 0175-23-4108

Mail geopark@city.mutsu.lg.jp

 

詳しくは、下記の応募要項及び交付要綱、または下北ジオパーク推進協議会ホームページをご確認ください。

1.平成30年度下北ジオパーク研究補助金応募要項shimokita_youkou.pdf

2.平成30年度下北ジオパーク研究補助金交付要綱shimokita_kouryou.pdf

3.平成30年度下北ジオパーク研究補助金交付要望書(様式)[shimokita_youbou.pdfshimokita_youbou.docx]

 

下北ジオパーク推進協議会ホームページ

http://www.shimokita-geopark.com/

 

国立社会保障・人口問題研究所社会保障研究部門室長公募のお知らせ(7月31日締切)

投稿日:2018年04月27日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

■職種
社会保障研究部門室長(厚生労働技官・研究職)各1名

■応募期限 平成30年7月31日(火)(必着)

■採用予定日 平成30年10月1日(予定)

詳細はこちらをご覧ください。

ユニベール財団 平成30年度研究助成公募のお知らせ(7月31日締切)

投稿日:2018年04月23日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

日本は、世界のどの国も経験したことのない超高齢社会を迎えました。経済価値を求め効率を競って世代が対立するだけの社会ではなく、すべての人々が健やかでこころ豊かな生活を送ることができる社会の創造、変革のための知恵と経験が求められています。また、世界の中でも突出した速さで高齢化が進む日本社会の課題は、他の国々と共有すべき重要な問題といえます。

少子高齢社会・人口減少社会における社会福祉の増進に寄与することを目的とする当財団では、「健やかでこころ豊かな社会をめざして」を基本テーマに、研究助成を行っています。特に、下記に挙げる課題に関する領域の国際的調査研究、および当財団の目的推進に寄与する研究に助成いたします。

社会科学、人文科学、自然科学の諸分野の若手研究者や福祉の分野で実践に携わっている方々の積極的なご応募をお待ちしております。

■助成の対象となる研究課題
1.社会保障制度を育てる
豊かな社会の実現に向けては、人々が自立し、助け合うだけでなく、社会保障制度がいかに個人の日常を支え、安心を与えるかということが重要な課題です。経済社会の変化にあって、求められる新たな社会保障制度を展望する研究に助成致します。
【例】①年金保険・社会手当、②医療・介護の充実、③認知症対策、④次世代育成、⑤貧困・格差対策、⑥災害時の社会保障、⑦労働者の権利保障

2.高齢者の健康と子ども・若者支援
高齢者の心と健康、ならびに子ども・若者支援や子育て支援の実践を踏まえた研究に助成致します。(基礎研究は助成の対象となりません。)
【例】①高齢者の心と健康、②認知症・高齢者介護、③高齢者の孤立・貧困・虐待等、④出産・子育て支援、⑤子どもの虐待・貧困等、⑥子どもの教育・放課後支援、⑦障がい児の保育・教育、⑧不登校・いじめ問題、⑨若者支援、⑩引きこもり青少年対策

3.コミュニティの役割
誰もが「安心して生きられる社会」をつくり守っていく市民活動や、かつての大家族や地域の助け合いの機能に変わる新しいコミュニティづくりの関連領域の研究に助成致します。
【例】①地域福祉、②市民活動・国際協力、③高齢者の社会参加・いきがい、④社会全体の子育て、⑤障がい者支援、⑥世代間交流、⑦介護者支援、⑧地域の文化継承と発展、⑨外国人の地域への定住

■助成対象研究期間および金額
2018年11月~2019年10月(1年間)。原則として1件当り100万円を上限と致しますが、助成額については研究の内容及び規模により査定をさせていただきます。

■申請資格

  1. 大学、研究機関、教育機関等において研究教育活動に従事されている方。
  2. 大学院修士課程または博士前期課程に在籍される方、ならびに修了された方、またはそれと同等以上の資格もしくは能力を有する方。
    (但し、大学院修士課程及び博士前期課程に在籍の方の申請は、指導協力教員を必要とします。博士後期課程の方の申請は、その限りではありません。)

※より多くの方に助成金をご利用いただくため、過去に当財団の助成を受けられた方の応募はご遠慮いただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

JST「人と情報のエコシステム」平成30年度新規研究提案募集のお知らせ

投稿日:2018年04月16日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
□ 研究開発領域「人と情報のエコシステム」
■ 平成30年度新規研究提案募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JSTの戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)は、
「人と情報のエコシステム(HITE)」研究開発領域(http://ristex.jst.go.jp/hite/
の平成30年度新規研究提案の募集を開始いたしました。
 
本領域ではAI、ロボット、IoTといった情報技術が加速度的に進展する現在、
いかにそれら技術が社会に浸透し、人間の暮らしになじんでいくか、またその時
どんな問題が起きうるかを考え、新たな制度や技術を設計していくための研究開発を推進します。
情報技術と人間がよりよい関係を結んでいく社会を実現することが、本領域の目的です。
*HITE領域紹介冊子:http://ristex.jst.go.jp/hite/topics/305.html
*HITE3/14シンポジウム書き起こし:https://logmi.jp/series/%E4%BA%BA%E3%81%A8%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0
 
 
〔募集期間〕 平成30年4月13日(金)正午 ~ 平成30年6月13日(水)正午
〔募集説明会〕平成30年5月9日(水)東京、平成30年5月10日(木)京都
〔募集の詳細〕http://ristex.jst.go.jp/hite/topics/306.html
〔問合わせ先〕国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
       企画運営室 募集担当 
       E-mail:boshu@jst.go.jp   Tel:03-5214-0133 

 

■大学・研究組織
早稲田大学文学学術院

■専門領域
理論社会学・社会理論

■職名
准教授、教授、または専任講師 1名

■着任時期
2019年4月1日

■応募期限
2018年5 月 25 日(金)17 時必着(締切厳守)

詳細は下記を参照ください。
https://www.waseda.jp/flas/glas/recruitment/

ソウル国立大学社会学科公募(2018年4月30日午後5時締切)

投稿日:2018年04月13日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

A Tenure-track Faculty Position at Seoul National University

 

SEOUL NATIONAL UNIVERSITY

Department of Sociology

 

The Department of Sociology at Seoul National University invites applications for a full-time, tenure-track faculty position in the area of social change, particular expertise in gender, human rights, and social movement.

Candidates must have a Ph.D. in sociology or a closely related field. We hope that candidates will give lectures in both Korean and English after being appointed as a professor. Salary and appointment level are dependent on experience and based on Seoul National University pay scales. The appointment is expected to begin on 1 September 2018.

For more detail application process and to apply, please visit Seoul National University webpage at https://professor.snu.ac.kr. All applications must be received by 5:00 PM on April 30, 2018.

If you have questions, please contact the office of the sociology department (socio@snu.ac.kr).

2018年度ジェロントロジー研究助成募集のご案内

投稿日:2018年04月11日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局


公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、
高齢者福祉の増進に資することを目的に、 ジェロントロジー(老年学)に関する
社会科学・人文科学分野における研究に助成を行っています。

【募集要項】
1.募集対象となる研究
(1)研究課題
   ジェロントロジーに関する社会科学・人文科学分野における独創的・先進的な研究
(2)研究分野
   ①社会学、心理学、社会福祉学
   ②看護学、保健学(但し、社会科学・人文科学に関連した分野のみ)
(3)研究期間
   2020年3月末日までとします。

2.応募資格
  ①大学、研究所などの教育機関、研究機関等において研究活動に従事している者で、
   直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
  ② 大学院に在籍している者で、直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
  ③ 老人福祉施設、老人保健施設、病院等の現場関係者で、直属長の推薦を受けた者、
    研究グループ

3.助成内容
(1)助成金額
   1 研究につき50万円を上限とします。(総額800万円を予定)

4.申請について
(1)申請方法
   損保ジャパン日本興亜福祉財団ホームページの「申し込みフォーム」に、必要事項を
   ご記入の上、送信してください。
     ホームページアドレス ⇒ http://www.sjnkwf.org/
   応募方法その他詳細については、上記ウェブサイトをご覧ください。
   申請はWEB申込みのみとなりますが、募集要項や申込フォームを書面にしたものの
   郵送もいたしておりますので、当財団に連絡をお願いいたします。

 (2)募集期間
   2018年4月16日(月)~7月31日(火)

5.選考方法と結果の通知
  2018年10月に開催予定の選考委員会で選考します。
  採否の結果は、選考後速やかに通知します。

東北大学大学院情報科学研究科教員(社会学)公募(6月13日締切)

投稿日:2018年04月11日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻では、下記の通り、准教授職の教員を公募いたします。

■大学・研究組織
東北大学大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 社会政治情報学講座 社会構造変動論分野


■専門分野
社会学(情報と現代社会の構造・変動(マクロ/ミクロ/メゾ)にかかわる課題について量的分析ないしミックスドメソッド、フィールドワークによって接近・分析しうる方)

■担当予定科目
情報科学研究科の上記分野の専門科目および共通基盤科目
(フィールドワーク実習、社会構造変動論、地域社会論、人文情報科学概論など)
全学教育科目(基幹科目、展開科目、外国語科目)

■職名
准教授

■採用人数
1名

■就任時期
平成31年4月1日以降のなるべく早い時期

■応募期限
平成30年6月13日(水)*必着

詳細につきましては、下記をご覧ください。
東北大学教員募集.pdf

日本証券奨学財団2018年度研究調査助成のお知らせ(6月30日締切

投稿日:2018年04月09日 カテゴリー:公募情報  投稿者:学会事務局

公益財団法人 日本証券奨学財団の2018年度の研究調査助成の募集が開始されています。

詳しくは以下のページをご連絡ください。
http://www.jssf.or.jp/?page_id=11

詳細はこちら(PDF形式)
申込用紙はこちら(Word形式)

平成30年度 日本学術振興会 二国間交流事業 共同セミナー
メディア・移民・ナショナリズムの興隆
ヨーロッパとアジアの経験と視座の比較

修士課程・博士後期課程向け
公募型トレーニングセミナー・研究報告会のご案内

この度、群馬大学社会情報学部(代表: 平田知久)とユトレヒト大学メディア文化学部(代表: Koen Leurs)を中心として、日本とオランダ両国の研究者による、「メディア・移民・ナショナリズムの興隆――ヨーロッパとアジアの経験と視座の比較」と題した国際共同セミナーを、アーツ千代田 3331(東京都千代田区 URL: http://www.3331.jp/)にて 2018年9月19日~21日に開催することになりました。

このセミナーの初日(9月19日)に、日本とオランダの両国でセミナータイトルに関わる研究を実践する修士課程・博士後期課程に所属する大学院生を対象とした公募型トレーニングセミナーを開催し、さらに英語での研究報告と研究交流の機会を設ける予定です。

つきましては、下記の要領でトレーニングセミナー・研究報告会への参加希望者を公募いたしますので、奮って応募いただけますよう、お願いいたします。



公募対象: 日本国内の大学および研究機関に在籍中の修士課程・博士後期課程の大学院生
 ※博士号取得済みの方は公募の対象にはなりません
 ※大学院生の国籍は問いません
公募主題: セミナータイトルに関わる研究(分野としては、メディア研究、コミュニケーション研究、ジェンダー論、移民研究、人文地理学、社会学、文化人類学などを想定)
 ※詳細については、こちらを参照ください
公募人数: 概ね3名(オランダ側でも同じ条件で3名程度公募します)
応募方法: 別紙フォームに必要事項を記載の上、平田(tomohira@si.gunma-u.ac.jp)まで送付ください
応募締切: 2018年5月5日(土)
応募結果: 2018年5月11日(金)までに応募者全員に採否をメールにてお送りします
参加助成: 所属研究機関から会場までの往復交通費、9月18日~21日までの宿泊費(22 日チェックアウト)、9月19日~21日の昼食費、9 月22日のエクスカーション参加費(予定)