第26回(2015年度) 明治大学

2015年4月25日
環太平洋産業連関分析学会
第26回(2015年度)大会

第26回(2015年度)大会開催のご案内

学会関係者のみならず官公庁、民間シンクタンク等から多数の方々のご報告とご参加をお待ちしております。

  • 期間: 2015年10月31日(土)~11月1日(日)
  • 会場: 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー(東京都千代田区神田駿河台1丁目1番)

今年度の大会の報告申し込みはインターネット上から大会報告申し込みシステム(SOLTI)で行っていただき、プログラム及び大会抄録集も大会ホームページからダウンロードしていただくことになります。

大会プログラム

大会プログラム日本語版と英語版をお知らせします。
今年度の大会は、日本語28報告、英語37報告、会長講演、総会に加えて、
10月30日のプレイベント、10月31日午前の産業連関分析セミナー、となります。

日本語版プログラム(PROGRAM Japanese Version)(10月28日版)

英語版プログラム(PROGRAM English Version)(10月28日版)

プレイベントと産業連関分析セミナーは以下のような予定です。

10月30日(金)明治大学駿河台校舎リバティタワー16階1166教室
14:00-15:10
 「地域産業連関表による地域経済構造の把握」
 宮川幸三(立正大学)
15:20-16:30
 「2011年産業連関表の公表について」(仮)
 植松良和(総務省)
17:00-19:00
 Young IO Researchers Workshop
 座長:金本圭一朗(九州大学)・Chen LIN(ShandongUniversity)・岡本隼輔(尾道市立大学)
 基調講演:Bart Los(Universityof Groningen)


10月31日(土)明治大学駿河台校舎リバティタワー15階
9:00-11:00 (1153教室)
 産業連関分析セミナー(Scilab講座)
 講師:萩原泰治(神戸大学)・山田誠治(神戸大学)
9:00-11:00 (1154教室)
 産業連関分析セミナー(Excel-VBA入門講座)
 講師:下田充(日本アプライドリサーチ研究所)・藤川清史(名古屋大学)・渡邉隆俊(愛知学院大学)


このプレイベントと産業連関分析セミナーは、参加費無料で一般の参加者も歓迎します。


会員の事前振込の参加費は5000円、懇親会費は4000円です(当日の参加費は6000円になります)。

払込口座
 口座名: 環太平洋産業連関分析学会
 振替口座: 00150-2-652036


明治大学駿河台校舎へのアクセスマップ

明治大学のキャンパスマップ

インターネットでの報告申し込み方法について

大会での報告を希望される方は、以下のウェブサイトから申し込みを行ってください。報告申込み方法の説明は、下のサイトの画面の黄色部分の説明・注意を参照してください。報告申込み可能件数は1件です。

報告申し込み用ウェブサイト

備考

  • 1) 報告申し込みには同封の「ガリレオへの学会事務移行に関するお知らせ」にあるIDとパスワードが必要になります。
  • 2) 会員の方は2014年度会費納入済みでない場合には、報告申し込みの入力ができないので、注意をお願いします。会費納入状況の反映には数日を要しますので、未納の方は締切に余裕をもってお支払いください。
  • 3) SOLTIの利用方法や登録に関する質問は、g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jpに問い合わせてください。企画セッション に関する申込みや質問、英語での報告希望に関する質問等は、papaios2015@ml.meiji.ac.jpに問い合わせてください。
申込締切:
2015年6月30日(火)16時
大会のセッション:
大会のセッションは、(1)会員からの個別の申し込みによる一般報告のセッション、(2)会員からのセッションの企画の申し込みによる企画セッション、(3)プログラム委員会で企画を行う特別セッション等で構成します。企画セッションの申込みは、セッションの企画書をSOLTIを使わずpapaios2015@ml.meiji.ac.jpに送信してください。セッションの企画書は、セッションのテーマ、座長(所属・連絡先)に加え、1セッション3~4件の発表に関する発表題目・発表者(所属・連絡先)・討論者(所属・連絡先)・それぞれの報告の要旨(和文の場合は400字以内、英文の場合は100words以内)の情報を記入し、MS Wordで作成してください。企画セッションの申込みの期限は、一般報告と同じです。また、報告については、日本語での報告によるセッションとともに、英語で運営されるセッションを設ける予定です。英語での一般報告を希望される場合には、SOLTIでの登録の際、報告分野としてSessions in Englishを選び、報告要旨を英語で書いてください。
報告分野:
大会報告申し込みシステム(SOLTI)で、以下の報告分野から1つ選んで登録をしてください。
  1. 環境・資源・エネルギー
  2. 国際経済・開発経済
  3. 情報化・IT
  4. 生産性
  5. CGEモデル
  6. 地域分析・地域経済
  7. 産業連関分析の理論
  8. IO表の作表・SNA・SAM
  9. 災害と経済社会
  10. 自由論題
  11. Sessions in English (英語での報告希望の場合)
討論候補者:
希望される討論者を2名まで記入してください(希望討論1名は必ず書いてください)。討論者の方の都合に依存しますが、できるだけご希望に添えるように調整します。
報告申し込みのための報告要旨(アブストラクト):
和文の場合は400字、英文の場合は100語以内で、報告要旨を記入してください。報告決定に関しては大会プログラム委員会から後ほどお知らせします。セッション配属、討論者等の最終的な決定は、大会プログラム委員会にご一任ください。
大会報告論文および大会抄録集のための概要の提出
大会報告論文・概要も大会報告申し込み用ウェブサイト(SOLTI)から登録をお願いいたします。司会及び討論者への報告論文(ページ制限なし)と大会抄録集のための論文概要(A4用紙5ページ以内、図表込み)の提出期限は2015年10月4日(日)です。詳細は大会報告申し込み用ウェブサイトを御参照ください。報告時間は各報告とも40分以内(報告30分、討論10分)です。
大会実施の詳細の案内(プログラムや大会抄録集を含む)について
今年度の大会の案内については、PAPAIOSの大会ホームページを活用する予定です。大会プログラムや大会抄録集は大会ホームページからダウンロードしていただくことになります。また大会実施の詳細についても大会ホームページをご覧ください。

環太平洋産業連関分析学会

第26回(2015年度)大会プログラム委員会
八木 尚志((大会実行委員長)・加河 茂美(プログラム委員長)・朝日 幸代・居城 琢・菅 幹雄・筑井 麻紀子 ・中澤 純治・南斉 規介・野村 浩二・渡辺 隆俊
問い合わせ先:
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1第2ユニオンビル4F
ガリレオ学会業務情報化センター内 環太平洋産業連関分析学会事務局
TEL: 03-5981-9824 FAX:03-5981-9852 E-mail:g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp

更新日: