設立目的・学会概要

設立目的

 環太平洋圏(日・米・加・豪・中国・東南アジア)の経済発展は近年目覚ましく、特に日本とNIESの経済成長は、今や世界経済活性化のダイナモとしての役割を果たしつつある。この意味で21世紀は環太平洋の時代であると言っても過言ではない。また圏内諸国間の依存性は急速に高まっており、相互協力への要請は緊急な課題となっている。

 一方、経済・社会分析の手法も日進月歩しているが、特に近年ハイテクを中心とする目覚ましい科学技術の発展は、科学技術と経済の統合化を目的とする産業連関分析ないしは投入産出分析(Input-Output Analysis)への国際的要請をいよいよ高めつつある。

 産業連関分析は言うまでもなくノーベル賞授賞者ワシリー・レオンチェフ教授の創始になり、すでに半世紀の歴史を経た。レオンチェフ教授はわが国の学界及び政府・産業界とは特に関係が深く、このため昭和60年に日本政府から特別叙勲の栄誉に浴したことは、われわれの記憶にも新しい。わが国のみならず世界各国において、今日学界、政府、産業界における産業連関分析の利用は一段と高まっており、国際的な利用も極めて活発化している。

 最近における産業連関分析の関心の中心は、各種の技術革新が生産コストの引下げに与える影響、国内及び国際的な製品市場の変化の予測、貿易と国際競争力の要因の分析、産業別の生産と雇用の長期的な構造変化と成長能力の分析、財畜と投資の産業別配分に関する研究、国際的な相互依存関係の研究等極めて多岐にわたっており、政府の経済計画にとっても不可欠の情報を提供している。

 このように年々高まる産業連関分析への国際的な産・学・官の要請に応えるため、環太平洋圏の科学技術者と経済学者および企業・政府のテクノクラートの対話の場として、新しい学会を創設することとなり、レオンチェフ教授の指導のもと国際間で相互に交流を深めた学識経験者を中心として学会の結成を実現したものである。

「1989年4月1日」

法人会員

法人会員一覧

株式会社 日本アプライドリサーチ研究所

日本政策投資銀行 設備投資研究所 総務班

機関会員

機関会員一覧

**学会への登録時の部局名等で掲載しており、現在の部局名等が変更となっている場合があります**

省庁

経済産業省 大臣官房調査統計グループ調査分析支援室産業連関班

経済産業省 東北経済産業局総務企画部調査課

厚生労働省 大臣官房統計情報部企画課

国土交通省 総合政策局情報政策課建設統計室

国土交通省 総合政策局情報政策本部

総務省 政策統括官統計基準担当

総務省 統計局統計調査部調査企画課

内閣府 経済社会総合研究所

農林水産省 大臣官房統計部統計企画管理官

都道府県

岩手県 政策地域部調査統計課

山形県 企画振興部統計企画課

福島県 企画調整部統計課

茨城県 企画部統計課

埼玉県 総務部統計課

神奈川県 統計センター

新潟県 総務管理部統計課

静岡県 経営管理部情報統計局統計利用課

愛知県 県民文化部統計課

岐阜県 総合企画部統計課

三重県 戦略企画部統計課

滋賀県 総合政策部統計課

大阪府 総務部統計課情報・分析グループ

兵庫県 企画県民部統計課

奈良県 総務部知事公室統計課

和歌山県 企画部企画政策局調査統計課

島根県 政策企画局統計調査課

広島県 総務局統計課

山口県 総合政策部統計分析課

愛媛県 企画振興部管理局統計課

高知県 総務部統計課

福岡県 企画・地域振興部調査統計課

長崎県 県民生活部統計課

熊本県 企画振興部交通政策・情報局統計調査課

大分県 企画振興部統計調査課

市役所

山形市役所 企画調整部企画調整課

千葉市 総合政策局総合政策部統計課

豊岡市 経済部

美作市 企画振興部協働企画課

広島市 企画総務局企画調整部

熊本市 市民局統計課

学会概要

学術団体登録

環太平洋産業連関分析学会は日本学術会議・協力学術研究団体となっています。

http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_ka.html

学会名鑑:

https://gakkai.jst.go.jp/gakkai/detail/?id=G01274

現在の活動

ジャーナルの刊行

1) 和文ジャーナル『産業連関 イノベーション&IOテクニーク』は、
J-Stage: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/papaios/-char/ja/
で論文を公開しています。論文投稿は会員限定になります。

2) 英文ジャーナルJournal of Economic Structures, Springerの掲載論文は、
https://journalofeconomicstructures.springeropen.com/
で公開しています。年間40本程度の論文掲載を予定しています。

活動

1) 全国大会の開催 全国大会は、10月後半から11月前半に土曜の午後から日曜に開催しています。金曜午後から土曜の午前に全国大会のプレイベントを実施しています。日本語のセッションばかりでなく、英語で報告可能なセッションを設けています。

2) 国際会議の開催 2016年3月から3月に英語のみの国際会議を開催しています。2017年3月は40報告程度、2018年3月は60報告程度の申し込みが集まりました。2018年3月は立命館大学大阪いばらきキャンパスで3月17-18日に開催予定です。

3) 産業連関分析セミナーの開催 全国大会の開催に合わせたプレイベントのほか、年数回の産業連関分析セミナーを開催しています。会員の皆様からのセミナーの希望、講師や会場を引き受けてくださる方の情報もお待ちしています。

4) 国内・海外との産業連関分析ネットワーク 環太平洋産業連関分析学会は、機関会員・職務個人会員の制度を設け、国内の産業連関表作成機関と連携しています。また海外個人会員の制度を設け海外の研究者との交流を行っています。海外の産業連関分析関係の学会と連携しています。

国際産業連関分析学会(IIOA)
中国投入産出学会(CIOA)
韓国経済システム研究学会(KESRA)
産業連関研究学会(インド、IORA)
河北省投入産出学会
台湾産業連関学会(TAIOS)

5) 会員による共同研究及び研究受託の実施やデータベースの構築
受託研究:(例示)

1.部門別の需要と市場予測
2.生産性の分析と技術予測の研究
3.部門別の生産・雇用構造の分析
4.部門別の価格効果の分析(付加価値税、エネルギー価値等)
5.多国間の貿易と生産に関する構造分析
6.部門別の企業進出と直接投資に関する分析
7.技術と市場に関する詳細かつ整合的な国際的データ・ベースの開発と維持

データベースの構築とその利用

その他本会の目的の達成に寄与すると考えられる事業

事務局

所在地

〒 170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1
ガリレオ学会業務情報化センター内 環太平洋産業連関分析学会事務局
TEL: 03-5981-9824 FAX:03-5981-9852 E-mail: g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp

更新日: