設立目的・学会概要

設立目的

 環太平洋圏(日・米・加・豪・中国・東南アジア)の経済発展は近年目覚ましく、特に日本とNIESの経済成長は、今や世界経済活性化のダイナモとしての役割を果たしつつある。この意味で21世紀は環太平洋の時代であると言っても過言ではない。また圏内諸国間の依存性は急速に高まっており、相互協力への要請は緊急な課題となっている。

 一方、経済・社会分析の手法も日進月歩しているが、特に近年ハイテクを中心とする目覚ましい科学技術の発展は、科学技術と経済の統合化を目的とする産業連関分析ないしは投入産出分析(Input-Output Analysis)への国際的要請をいよいよ高めつつある。

 産業連関分析は言うまでもなくノーベル賞授賞者ワシリー・レオンチェフ教授の創始になり、すでに半世紀の歴史を経た。レオンチェフ教授はわが国の学界及び政府・産業界とは特に関係が深く、このため昭和60年に日本政府から特別叙勲の栄誉に浴したことは、われわれの記憶にも新しい。わが国のみならず世界各国において、今日学界、政府、産業界における産業連関分析の利用は一段と高まっており、国際的な利用も極めて活発化している。

 最近における産業連関分析の関心の中心は、各種の技術革新が生産コストの引下げに与える影響、国内及び国際的な製品市場の変化の予測、貿易と国際競争力の要因の分析、産業別の生産と雇用の長期的な構造変化と成長能力の分析、財畜と投資の産業別配分に関する研究、国際的な相互依存関係の研究等極めて多岐にわたっており、政府の経済計画にとっても不可欠の情報を提供している。

 このように年々高まる産業連関分析への国際的な産・学・官の要請に応えるため、環太平洋圏の科学技術者と経済学者および企業・政府のテクノクラートの対話の場として、新しい学会を創設することとなり、レオンチェフ教授の指導のもと国際間で相互に交流を深めた学識経験者を中心として学会の結成を実現したものである。

「1989年4月1日」

学会概要

事業内容

  1. 学術誌等の刊行と配布
    • 和文学会誌(電子ジャーナル)の刊行:「産業連関 イノベーション&IOテクニーク」
    • 英文オンラインジャーナルの刊行:「Journal of Economic Structures」
    • (Journal of Applied Input-Output Analysisは休刊中です)
  2. 研究集会及び講演会の開催
    1. 学会の開催
    2. 各種セミナーの開催
      • 産業連関分析セミナー
      • PAPAIOSリエゾンセミナー
  3. 会員による協同研究及び研究受託の実施
    受託研究:(例示)
    1. 部門別の需要と市場予測
    2. 生産性の分析と技術予測の研究
    3. 部門別の生産・雇用構造の分析
    4. 部門別の価格効果の分析(付加価値税、エネルギー価値等)
    5. 多国間の貿易と生産に関する構造分析
    6. 部門別の企業進出と直接投資に関する分析
    7. 技術と市場に関する詳細かつ整合的な国際的データ・ベースの開発と維持
  4. データベースの構築とその利用
  5. その他本会の目的の達成に寄与すると考えられる事業

組織

  1. 会長
  2. 副会長
  3. 参与
  4. 運営委員会
    1. 英文学会誌編集部会
    2. 和文学会誌編集部会
    3. 総務部会
    4. 財務・会計部会
    5. 企画部会
    6. 国際交流部会
  5. 監事
  6. 事務局:
    所在地
    〒 170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
    ガリレオ学会業務情報化センター内 環太平洋産業連関分析学会事務局
    TEL: 03-5981-9824 FAX:03-5981-9852 E-mail: g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp

会費

会費
A 個人会員 12,000円(1口)
個人会員(学生) 5,000円(1口)
B 法人(機関)会員  200,000円(1口)

更新日: