産業連関分析セミナー

2018年度第1回産業連関分析セミナーのご案内(7/19(木)早稲田大学)

以下の要領で産業連関分析セミナーを早稲田大学早稲田キャンパスにて開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

産業連関分析セミナー「廃棄物資源循環の地域産業連関分析」 

主催:環太平洋産業連関分析学会(PAPAIOS)
早稲田大学現代政治経済研究所(WINPEC)廃棄物資源循環研究部会
持続可能な開発目標(SDGs)、資源生産性、循環経済が注目されており、環境と社会経済を統一された枠組みで分析する必要性が高まっています。このセミナーでは、廃棄物産業連関(WIO)の基礎、およびその地域(都道府県)における廃棄物資源循環への応用を紹介します。

【日時】平成30年7月19日(木) 15:00〜17:00

【会場】早稲田大学早稲田キャンパス11号館9階903教室
東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩5分

https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

【定員】70名(事前のお申し込みをお願いいたします)

【参加費】無料

【プログラム】(予定)

・廃棄物産業連関分析の概要 近藤康之(早稲田大学)(60分)

・都道府県産業連関表の利用例 一杉佑貴(東京都市大学)(20分)

・行政報告データの地域産業連関分析への活用 近藤康之(早稲田大学)(25分)

・質疑応答と意見交換(15分)

【参加申込】次の要領で、メールでお申し込みください。

・宛先 PAPAIOS産業連関分析セミナー担当 :Seminar_PAPAIOS@yahoo.co.jp

・件名を「産業連関分析セミナー参加希望」としてください。

・メールの本文にお名前とご所属をお書きください。

【問合せ先】PAPAIOS産業連関分析セミナー担当: Seminar_PAPAIOS@yahoo.co.jp

【その他】

本セミナーは環境研究総合推進費「行政報告データ等の活用による自治体レベルの物質循環分析手法の開発と応用」(課題番号3-1704)の助成を受けています。

第3回 産業連関分析セミナーのご案内

今年度第3回の産業連関分析セミナーを以下の様に名古屋大学にて開催いたします.
今回は,PAPAIOSの国際会議 International Conference on Economic Structures (ICES) 2018のTutorial Seminarとして開会します(英語での開催です)
産業連関分析の専門家のみならず,産業連関分析に興味のある方や環境系の専門家の皆様をはじめ,多くの方々に参加いただける企画となっています.個人正会員,官公庁職員(職務会員)を問わず,産業連関分析および本学会に興味のある皆様どなたでも参加できます.多くの皆様の参加をお待ちしております.

1.開催日時
平成30年3月29日(木)  10:00-12:00 

2.会場
名古屋大学 東山キャンパス 経済学部・経済学研究科 第1講義室
名古屋市営地下鉄 名城線 名古屋大学駅下車1番出口すぐ
http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

3.セミナープログラム

タイトル:廃棄物資源循環の産業連関分析 
Input-Output Analysis of Waste Management and Material Cycles

講師:早稲田大学政治経済学術院 教授 近藤 康之氏
Yasushi KONDO, Professor of Econometrics at Faculty of Political Science and Economics, Waseda University

内容:※今回は,英語でのセミナーです(通訳なしです).
資源生産性や循環経済が注目されており,環境と経済を統一された枠組みで分析する必要性が高まっています.このセミナーでは,廃棄物産業連関(WIO)の基礎,およびそのフットプリント分析と物質フロー分析への応用を紹介します.
Resource productivity and circular economy have recently received much attention, and thus there is growing demand for analysis of the environment and economy in a unified framework. This lecture introduces the basics of waste input-output (WIO) and its applications to footprint analysis and material flow analysis.

4.その他
本セミナーの参加費は無料です.また参加事前登録は不要です.当日,直接会場へお越しください.
前日(3月28日(水))および当日(3月29日(木))午後のPAPAIOS国際会議(ICES2018)への参加は別途参加費が必要です.こちらも併せてご参加願います.

問い合わせ先: 環太平洋産業連関分析学会 g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp

(案内文書)



2017年度 第2回 産業連関分析セミナー

今年度第2回の産業連関分析セミナーを「杜の都・仙台」にて開催いたします.

産業連関分析の専門家のみならず,産業連関分析に興味のある方や工学系の専門家の皆様をはじめ,多くの方々に参加できる企画となっています.
多くの皆様の参加をお待ちしております.

1.日時:平成29年11月22日(水)  14:00-17:00 (受付開始 13:40)
2.会場:仙台市中小企業活性化センター 6階 セミナールーム 2A
    JR仙台駅西口出口より徒歩2分(http://www.siip.city.sendai.jp/sckc/)

3.内容:

テーマ:「産業連関分析の工学系研究への応用」
13:40~ 受付開始
14:00~15:00 「産業連関表の見方と分析への第一歩」 講師:板 明果 氏 (宮城大学)
15:15~17:00 「産業連関分析の工学系研究への応用」 講師:松八重 一代 氏 (東北大学)

4.その他
参加費は無料です.また参加事前登録は不要です.当日,直接会場へお越しください.
なお,会場の収容可能人数の関係上,先着55名までとさせていただきます.

問い合わせ先: 環太平洋産業連関分析学会 g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp

案内文書(PDFファイル)



2017年度 第1回 産業連関分析セミナー


下記セミナーが第28回(2017年度)大会のプレイベントとして開催されます。

主催:環太平洋産業連関分析学会
共催:立命館大学経済学部70周年記念事業実行委員会
協賛:滋賀県
後援:大阪府,奈良県,京都府


「地域産業連関表作成とその利活用」

日時:2017年10月20日(金) 14時から17時(受付開始 13時30分より)
会場:立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟フューチャープラザ1F・カンファレンスホール

講師:山田光男氏(中京大学・教授)「2011年府県産業連関表の作成とその利活用」
講師:三浦剛氏(大阪府総務部統計課)「大阪府における地域分析と産業連関表の利活用について」
講師:芦谷恒憲氏(兵庫県統計課)「2011年兵庫県市町内産業連関表の作成と分析利用」

「Scilab講座」

日時:2017年10月21日(土) 午前 9:00から11:00
会場:立命館大学おおさかいばらきキャンパス 大会受付にて案内

講師:萩原泰治氏(神戸大学・教授)
注:受講にあたっては,ノートPCとUSBメモリーなどの記憶媒体のご用意をお願い致します。

環太平洋産業連関分析学会
g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp



2016年度 第4回 産業連関分析セミナー


東京都産業連関表と地域産業連関分析

日程:3月21日(火)

会場:立正大学品川キャンパス11号館6階1161教室
http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html


内容:
15:00~16:00:講演および質疑応答
 テーマ:「平成23年東京都産業連関表の概要」
 講演者:長谷川明彦(東京都総務局統計部調整課)
16:00~16:10:休憩
16:10~17:40:パネルディスカ ッション
 テーマ:「地域産業連関表の 活用事例および今後の課題」
 パネリスト:山田光男(中京大学経済学部教授)
       長谷川明彦(東京都総務局統計部調整課)
       大里隆也(帝国データバンク)
       吉峰暢嗣(埼玉りそな産業経済振興財団)
 司会:宮川幸三(立正大学経済学部)

環太平洋産業連関分析学会・立正大学経済研究所 共催

学会員のみならず,非会員の方々も無料でご参加頂けます.
お問い合わせは,以下の環太平洋産業連関分析学会までメールにてお願いいたし
ます.

環太平洋産業連関分析学会
g033papaios-info@ml.gakkai.ne.jp


2016年度 第3回 産業連関分析セミナー

日時: 平成29年1月19日(木) 13:30~16:40 (開場 13:00)
場所: 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ
    〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー8F
    地図

主催:   環太平洋産業連関分析学会
参加者: 60名程度
対象:  経済統計(産業連関表など)のユーザー等
     (学会会員、国県市担当者、シンクタンク、学部学生、大学院生など)
参加費: 無料(必須ではありませんが)資料準備のため117日までに
      下記アドレスまでmailをいただければ幸いです。
       萩原: hagiwara.at.kobe@gmail.com

内容:
   1 地域産業連関表を用いた経済波及効果分析と課題(90分)
     芦谷恒憲氏(兵庫県企画県民部)
   2 産業連関分析 Scilab講座(90分)
     萩原泰治氏(神戸大学大学院経済学研究科)

PCはなくても大丈夫ですが、持参していただければ、インターネット検索、Scilabの実習を行うことで理解を深めることができます。
Scilab
の実習のためには、事前にScilabを http://www.scilab.org/ から、ダウンロード・インストールしておいてください。無料でダウンロード可能です。

連絡先:神戸大学経済学研究科 萩原泰治 hagiwara.at.kobe@gmail.com


神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ
530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー8F
http://www.b.kobe-u.ac.jp/ilabo/access.html

阪急「梅田」駅 徒歩3分
JR
「大阪」駅 徒歩7分
地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩6分
地下鉄谷町線「東梅田」駅 徒歩8分
連絡先:06-6459-7049


地図




2016年度 第2回 産業連関分析セミナー(Excel-VBA入門講座


日程:2016年6月18日(土曜) 13:30-17:00

会場:明治大学・駿河台校舎・リバティタワー13階1133教室
 アクセスマップ
 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 キャンパスマップ
 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

参加費:無料

講師:筑井麻紀子(東京国際大学)・下田充(日本アプライドリサーチ研究所)

内容:次のような題材についてExcelでの手計算とVBAでの計算を紹介する予定です。
 産業連関表の概要と構造、投入係数とレオンチェフ逆行列の計算方法、
 生産誘発モデルの利用方法、部門統合の方法、輸入内生モデルでの生産波及効果

持参するもの:
ノートパソコン、マウス
注:ExcelがインストールされたPCであるばかりでなく、VBAが実行可能なものを御用意下さい。Excelのオプションやマクロのセキュリティを変更します関係上、職場のPC等、そういった変更が禁じられている場合は,実習内容を実施できませんので、ご注意ください。

問い合わせ先:g033papaios-staff@ml.gakkai.ne.jp
6月15日(水曜日)までに、お申込みいただけましたら資料をご準備いたしますので、ご所属名、お名前を明記して上記問い合わせ先の学会メールアドレスまでご連絡ください。



2016年度 第1回 産業連関分析セミナー(Excel-VBA入門講座)


日程:2016年6月18日(土曜) 13:30-17:00


会場:明治大学・駿河台校舎・リバティタワー13階1133教室
 アクセスマップ

 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 キャンパスマップ

 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html



参加費:無料



講師:筑井麻紀子(東京国際大学)・下田充(日本アプライドリサーチ研究所)



内容:次のような題材についてExcelでの手計算とVBAでの計算を紹介する予定です。
 産業連関表の概要と構造、投入係数とレオンチェフ逆行列の計算方法、
 生産誘発モデルの利用方法、部門統合の方法、輸入内生モデルでの生産波及効果



持参するもの:

ノートパソコン、マウス

注:ExcelがインストールされたPCであるばかりでなく、VBAが実行可能なものを御用意下さい。Excelのオプションやマクロのセキュリティを変更します関係上、職場のPC等、そういった変更が禁じられている場合は,実習内容を実施できませんので、ご注意ください。



問い合わせ先:g033papaios-staff@ml.gakkai.ne.jp

6月15日(水曜日)までに、お申込みいただけましたら資料をご準備いたしますので、ご所属名、お名前を明記して上記問い合わせ先の学会メールアドレスまでご連絡ください。




-->

過去のご案内

記載のない年度にはセミナーは開催されておりません。

更新日: