日本イスパニヤ学会奨励賞規定

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(目的)

第1条 この規定は、スペイン語諸国の言語・文学・歴史など文化一般の研究を促進し、さらなる発展に資するために、将来の活躍が期待される業績をあげた本学会会員を表彰する制度を定める。

(賞の名称)

第2条 賞の名称は「日本イスパニヤ学会奨励賞」とする。

(選考対象)

第3条 選考対象は、受賞年度に発刊された、または発刊される予定の本学会機関誌HISPÁNICAに掲載された論文または掲載が決定した論文とする。

(受賞資格と申請)

第4条 スペイン語諸国の言語・文学・歴史など文化一般の研究に関して将来の活躍が期待される優れた業績を上げた者で以下の条件を満たす会員を授賞対象者とする。

  1. 受賞年度に発刊された、または発刊される予定の本学会機関誌HISPÁNICAに、論文(単著)が掲載された者または掲載が決定した者。
  2. 受賞時に大学院生である者、または常勤職(任期付きを含む)に就いていない者。
  3. 過去に本賞を受賞していない者。
  4. 受賞年度の12月末日で満40歳未満の者。

第5条 申請者は、奨励賞申請用紙(本ページ下部よりダウンロード可)に必要事項を明記のうえ、論文投稿時に提出しなければならない。

(授賞の数)

第6条 受賞者は毎年度1名とする。

  1. 前項の規定にもかかわらず、同年度に複数の機関誌が発刊された場合、理事会において別途審議し決定する。

(授賞者の選考と決定)

第7条 授賞対象者は理事会が選考し、決定する。原則として年次大会終了までに決定するものとする。

第8条 理事会は、機関誌編集委員会より文書で意見を求めるものとする。

  1. 必要に応じてその他の者からも意見を聴取することができる。

(授賞)

第9条 学会は、受賞者に対しその結果を速やかに通知するとともに、原則として年次大会において、表彰状および副賞10万円を授与する。また、受賞者の氏名、所属または略歴、専門、授賞理由を学会ウェブサイト等で公表する。

第10条 本規定の改廃は、理事会の議決によるものとする。

付則

  1. この規定は2006年4月1日から施行する。
  2. 2008年10月11日改訂。
  3. 2013年8月20日改訂。
  4. 2015年10月10日改訂。