日本地域福祉学会 第33回大会:地域のちから 福祉のあした~制度の狭間に挑む地域福祉実践~ 期日:2019年6月8日(土)~9日(日) 会場:川崎医療福祉大学

プログラム内容

日本地域福祉学会 第33回大会 開催要項


開会式8日 10:30~11:00(川﨑祐宜記念講堂)

  • 主催者あいさつ  原田 正樹  (学会会長・日本福祉大学)
  • 大会長あいさつ  熊谷 忠和  (川崎医療福祉大学学科長)
  • 開催地あいさつ 

基調講演8日 11:00~12:00 (川﨑祐宜記念講堂)

「全国屈指の福祉先駆都市を目指した地域づくり」

  • 講 師      片岡 聡一(総社市市長)

大会企画 シンポジウム8日 13:00~16:00 (川﨑祐宜記念講堂)

「制度の狭間に挑む地域福祉のあした」

  • シンポジスト   小泉 立志(岡山県老施協会長 千寿荘)
    シンポジスト   上平 智一(岡山市 鹿田地区民生委員)
    シンポジスト   多田 伸志(NPO法人 マインドこころ)
    シンポジスト   中井 俊雄(総社市社会福祉協議会)
  • コーディネーター 小坂田 稔(美作大学)
  • コメンテーター  室田 信一(首都大学東京)
    コメンテーター  加山  弾(東洋大学)

地域福祉優秀実践賞表彰式8日 16:00~16:30(川﨑祐宜記念講堂)

地域福祉優秀実践賞報告9日 9:30~11:00 (講義棟4601)

日韓学術交流企画9日 10:30~12:30 (講義棟4603)

「日韓の社会的企業による地域福祉実践―実践知の共有と拡散」

  • 報告者      李  龍宰(湖西大学)
  • 報告者      川本健太郎(立正大学)
  • コーディネーター 呉  世雄(宇都宮大学)
  • コメンテーター  藤井 敦史(立教大学)

地域福祉演習教材開発ワークショップ9日13:30~16:30(講義棟4603)

「協同に向けた社会資源開発のアプローチ」

  • 代 表      藤井 博志(関西学院大学)

閉会式

  • 大会実行委員長あいさつ
  • 学会副会長あいさつ
  • 次回開催地あいさつ

エクスカーションプログラム7日 13:00(集合)~15:30(解散)

  • 出発時刻及び場所 13:00 倉敷駅(北口:アリオ方面)
  • 到着時刻及び場所 15:30 倉敷駅 ⇒15:50 川崎医療福祉大学
  • 費用 3000
  • コース ①倉敷市真備地区「お互いさまセンターまび」
    コース ②総社市下原地区「工場爆発と水害犠牲者ゼロで乗り越えた下原地区の偉業」

※最少催行人員は15名とし、定員が集まり次第、受付を終了いたします。