トピックス

第十八回(2018)佐藤賞発表

6月2日、日本地方財政学会第26回大会(甲南大学)にて、第18回佐藤賞受賞者の表彰式が行われました。受賞者は下記の通りです。

「著書の部」
受賞者:犬丸淳 氏
受賞著書:『自治体破綻の財政学―米国デトロイトの経験と日本への教訓』
        日本経済評論社
        2017年10月

「論文の部」
受賞者:掛貝祐太 氏
受賞論文:「現代スイス財政における政府間財政調整制度改革(NFA)」
        『財政研究』第13巻
        2017年10月

受賞者:広田啓朗 氏 湯之上英雄 氏
受賞論文:「Evaluation of the fiscal effect on municipal mergers:
         Quasi-experimental evidence from Japanese municipal data」
        Regional Science and Urban Economics, Volume 66
        2017年9月

2018sato1.jpg

犬丸淳氏(右)

2018sato2.jpg

湯之上英雄氏(左)広田啓朗氏(右)

佐藤賞歴代受賞者一覧(pdf)

【第26回大会】大会終了しました

大勢の方の参加をもちまして、日本地方財政学会第26回大会は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加および大会成功にご尽力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

次年度大会は
2019年6月1日(土)-2日(日)
新潟大学:新潟市 朱鷺メッセ(予定)で開催予定です。

『日本地方財政学会研究叢書』第26号(2019年3月末日発行)
投稿論文募集のお知らせ

 

日本地方財政学会は『日本地方財政学会研究叢書』第26号への投稿論文を募集しています。投稿を希望される会員は,以下の要領で原稿を編集委員会までお送りください。
 なお,投稿を希望される会員は,「事前フルペーパー」・「審査申込書」(大会開催前)と「フルペーパー(最終版)」・「審査申込書(最終版)」(大会開催後)の2回,添付ファイルにて,編集委員会宛てに送っていただくことになります。この点をお含みおきください。

『日本地方財政学会研究叢書』編集委員会


投稿論文募集要項

 本叢書への投稿希望者は,下記要領を参照のうえ投稿してください。下記の「審査申込書」は,日本地方財政学会ホーム・ページ上からダウンロードしてください。

1.「事前フルペーパー」及び「審査申込書」を「2018年5月30日(必着)」迄に,「g017jilf-editorial@ml.gakkai.ne.jp」へ「wordファイル」を添付してお送りください。ただし,期日厳守ですので,いかなる理由があろうとも,締切日以降の「事前フルペーパー」の受け付けはしませんので,ご注意ください(到着確認の返信をしますので,ご確認ください)。

2.「事前フルペーパー」を提出しない報告予定会員は,掲載資格を失います。

3.第26回大会終了後,「事前フルペーパー」を提出した報告予定会員のうち,『研究叢書』第26号への掲載を希望される会員は,加筆修正後の「フルペーパー(最終版)」及び「審査申込書(最終版)」を「2018年7月1日(必着)」迄に,「g017jilf-editorial@ml.gakkai.ne.jp」へ「wordファイル」を添付してご送付ください。期日厳守ですので,いかなる理由があろうとも,締切日以降の「フルペーパー」の受け付けはしませんので,ご注意ください(到着確認の返信をしますので,ご確認ください)。

4.投稿論文の文字数は,「20,000字(図表・注・参考文献・論題・氏名を含む)以内」(厳守)です。ただし,本文20,000字以外に,本文の前に,「要旨(600字以内)」及びキーワード3個を掲載してください。1ページ当たり35字☓30行で設定し,図表は1枚当たり500字で換算します。

5.投稿者は,(1)氏名,(2)所属,(3)住所(郵便番号も記入),(4)電話(連絡先),(5)メール・アドレス等を,別添「審査申込書」に記載して投稿論文とともに提出してください。

6.投稿論文は,複数の査読者に依頼し,編集委員会の責任のもと結果通知をします。

7.『研究叢書』への掲載が決定された投稿論文の著作権は,日本地方財政学会に帰属します。『研究叢書』への掲載決定後は,本学会の承諾なしに,当該論文の他の機関誌等への転載を禁じます。

以上


『日本地方財政学会研究叢書』原稿執筆・提出要項(印刷用 pdf)
『日本地方財政学会研究叢書』第26号 審査申込書(Word形式)