日本地方財政学会第三十回大会2022の最近のニュース

【第30回大会】終了のご報告と御礼

日本地方財政学会第30回大会は、盛会のうちに終了いたしました。
約2年ぶりに、多くの皆様が一堂に対面で集まる形で開催することができ、喜びも一入となりました。
ご参加、および大会成功にご尽力いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

なお、大会1日目に開催いたしましたシンポジウム「観光政策と地方財政」の模様は、昨年同様、YouTube Liveを通じてライブ配信を行いました。
こちらは、基調講演・パネルディスカッションの分割版動画とあわせて、1年間、以下のURLにて公開することといたしました。
ぜひ、改めてご視聴頂けますと幸いです。

ライブ配信(全体版):https://www.youtube.com/watch?v=aihY7oerlHw
基調講演(分割版):https://www.youtube.com/watch?v=ehCFEo8su9o
パネル・ディスカッション(分割版):https://www.youtube.com/watch?v=sLz9LeREy8M

【第30回大会】シンポジウム「観光政策と地方財政」

 日本地方財政学会第30回大会のシンポジウムは、対面で開催すると同時に、YouTube Liveによるオンライン配信(Zoom 経由でYouTube Live にブロードキャスト)いたします。

 オンライン配信のシンポジウムは、会員に限らずどなたでも無料でご視聴可能です。パネル・ディスカッションの際には、チャットによるコメント等も受け付けます。ただし、当日の進行上、お寄せいただいたコメントの全てを取り上げることはできかねますので、その点は予めご了承下さい。

会場参加は、大会参加費をお支払い頂いた方のみになりますので、会場参加される場合には、「参加証」が必要になります。シンポジウム会場には必ず稲盛記念会館1Fロビーで受付を済ませてからお越しください。「参加証」は受付の際にお渡しします。

シンポジウムは、以下のURLから視聴することができます。
https://youtu.be/aihY7oerlHw

2022年6月4日(土)13:20~16:00(大会1日目)
開催校:京都府立大学(京都府立京都学・歴彩館 大ホールより配信)
※シンポジウム終了後の総会及び佐藤賞授賞式につきましては、対面で開催致します。

シンポジウム  「観光政策と地方財政」

基調講演     西脇隆俊(京都府知事)

コーディネーター 後藤和子(摂南大学)
パネリスト    岡田知弘(京都橘大学)
         田中宏樹(同志社大学)
         西垣泰幸(龍谷大学)
         竹内寛文(文化庁参事官(文化観光担当)付文化観光支援調査官)

【趣旨】
 近年、観光は地方創生の重要なテーマとなり、様々な観光振興政策が行われています。しかし、例えば、多くの観光客が訪れている京都市であっても、財政再生団体に陥りかねないほどの危機的状況にあるとして、厳しい行財政改革を余儀なくされていることは周知のとおりです。また、観光客の増加が地域経済や地方財政にどのような影響を与えるのか、本学会においてもそれほど研究が行われてきたとはいえません。
 そこで、本シンポジウムでは、地域の観光政策や、文化観光推進法(2020年施行)に基づき文化と観光、経済の好循環をめざす文化庁の政策、宿泊税導入の背景と効果、観光が地域の生活や地域経済、地方財政にどのような影響を与えるのか等について議論します。
 本シンポジウムを通して、観光政策や観光とまちづくりの現状を知り、観光と地域経済、地方財政に関する研究課題を発見する端緒となれば幸いです。

・シンポジウム チラシ

【第30回大会】対面開催の決定と参加申込のお願い

日本地方財政学会 第30回大会実行委員会
日本地方財政学会会員各位

1.大会の開催形態について

今大会は、対面で開催させて頂くことにいたしました。分科会をはじめ総会や佐藤賞授賞式も会場にて対面で行います。

会場では消毒や換気の徹底など、感染拡大予防のための取組を最大限講じさせて頂きますが、ご来場いただく皆様におかれましても、マスク着用の徹底や入室時の手指の消毒など、できる限りのご協力をお願いいたします。

なお、日韓セッションにつきましては、韓国からの出席者のみオンラインで参加されるハイブリッド形式で開催いたします。日本側の出席者の皆様におかれましては、会場に直接お越しくださいますようお願い申し上げます。

シンポジウムにつきましては、当初の予定通り、対面で開催すると同時に、YouTube Liveによるオンライン配信(Zoom 経由でYouTube Live にブロードキャスト)いたします。オンライン配信のシンポジウムは、会員に限らずどなたでも無料でご視聴可能です(会場参加は、大会参加費をお支払い頂いた方のみです)。

オンライン配信されるシンポジウムのURLは、大会ウェブサイトで近日公開いたします。日本地方財政学会のプロモーションのためにも、地方財政にご関心がある全国の皆様に、是非お声がけ下さい。

2.大会参加申し込みのお願い【リマインド】

大会当日まで日が迫って参りました。事前登録は、5月23日(月)17時を締め切りとしておりますので、まだ登録がお済みでない皆さまにおかれましては、学会ウェブサイト内の本大会案内ページにある 「大会参加登録」を通じて、お早目にお申し込み下さい。

報告者(連名者含む)、座長・討論者をお願いしている皆様、理事の皆様におかれましても、お手数をおかけいたしますが、必ず参加申し込みをお願いいたします。

大会参加費は、会員・非会員を問わず、事前料金 2,000円、当日料金 3,000円となっております。原則として、一度お支払いいただいた参加費等の返金はいたしかねます。
事前登録の場合、お支払い方法はクレジット払いのみ、お支払いの締め切りは参加申し込みと同じく 5月23日(月)17時となります。ご入金が確認できない場合は、当日お申し込みとなり、参加費も当日料金となります。クレジット払い以外でのお支払い方法をご希望の場合は、当日にお申し込みいただくか、事務局へメールにてお問い合わせ下さい。

3.大会期間中の昼食について【リマインド】

本大会のメイン会場となる稲盛記念会館1階には、カフェ・レストラン「Deli Café たまご 京都北山」がございます。大会が開催される2日間とも、午前11:00~午後2時まで特別に営業されます。オープン・テラスの席もございますので、昼食時にはもちろんのこと、ご休憩場所としても是非、ご利用下さい。

他方、例年執り行ってまいりました懇親会につきましては、新型コロナウイルスの感染予防の観点から、本大会では開催を見合わせることといたしました。大変残念ではございますが、何卒ご容赦願えれば幸いです。

皆様と京都でお会いできるのを心よりお待ちしております。

【第30回大会】大会会場案内

【第30回大会】大会プログラムの公開と参加申込開始のお知らせ

日本地方財政学会 第30回大会実行委員会

日本地方財政学会会員各位

1.大会プログラムの公開

本大会のプログラムを公開します。今後、ウェブサイト上にて、随時更新を行ったプログラムを掲載いたします。
なお、2021年12月に公開しました「大会案内と報告申込要領」からの変更点として、大会2日目の受付開始時間を9時、分科会の開始時間を9時20分とさせて頂きました。ご留意下さい。

報告申し込みをしていただいた会員におかれましては、このプログラム公開をもって、発表採択通知に代えさせていただきます。
報告者・討論者の方におかれましては、プログラムに記載された情報に間違いがないか、必ずご確認下さい。誤りや変更がある場合は、事務局あてに、4月末日までにご連絡下さい。

各報告の報告要旨・論文(フルペーパー)は、学会ウェブサイト内の要旨・論文閲覧システムを通じて、後日公開を予定しております。公開開始は、追ってご連絡差し上げます。
なお、大会当日は、印刷したプログラムを会場受付にて配布いたしますが、要旨集については配布致しません。予め、ご了承願います。


2.大会参加申し込み

本大会の参加申し込みの受付を、4月1日(金)より開始いたします。学会ウェブサイト内の本大会案内ページにある 「大会参加登録」を通じて、お申し込み下さい。事前登録は、5月23日(月)17時を締め切りとしております。

報告者(連名者含む)、座長・討論者をお願いしている皆様、理事の皆様におかれましても、お手数をおかけいたしますが、必ず参加申し込みをお願いいたします。

大会参加費は、会員・非会員を問わず、事前料金 2,000円、当日料金 3,000円となっております。原則として、一度お支払いいただいた参加費等の返金はいたしかねます。
事前登録の場合、お支払い方法はクレジット払いのみ、お支払いの締め切りは参加申し込みと同じく 5月23日(月)17時となります。ご入金が確認できない場合は、当日お申し込みとなり、参加費も当日料金となります。クレジット払い以外でのお支払い方法をご希望の場合は、当日にお申し込みいただくか、事務局へメールにてお問い合わせ下さい。

なお、本大会の開催方法につきまして、特に以下の点にご留意下さい。

●基本的な開催形態について
今回の大会は、原則として対面での開催を予定しています。
ただし、新型コロナウイルスの感染の拡大が認められ、対面での開催が困難と考えられる場合には、分科会での報告などの開催方法をオンライン形式(ZOOMを予定)に切り替えることがあります。また、日韓セッションにつきましても、対面とオンラインの併用であるハイブリッド形式での開催とする可能性がございます。開催形態の最終的な確定は、5月末を予定しております。予め、ご了承下さい。

●シンポジウムの開催形態について
シンポジウムは、対面で開催すると同時に、YouTube Liveによるオンライン配信を予定しております。オンライン配信のシンポジウムは、会員に限らずどなたでも無料でご視聴可能です(会場参加は、会員のみです)。日本地方財政学会のプロモーションも意識していただきつつ、全国の地方税財政ファンの皆様に、是非お声がけ下さい。

●大会期間中の昼食について
本大会では、新型コロナウイルスの感染予防の観点から、お弁当のご用意を特にいたしません。予め、ご了承下さい。
なお、本大会のメイン会場となる稲盛記念会館1階には、カフェ・レストラン「Deli Café たまご 京都北山」がございます。大会が開催される2日間とも、特別に営業されます。オープン・テラスの席もございますので、昼食時にはもちろんのこと、ご休憩場所としても是非、ご利用下さい。

●懇親会について
例年執り行ってまいりました懇親会につきましては、新型コロナウイルスの感染予防の観点から、本大会では開催を見合わせることといたしました。大変残念ではございますが、何卒ご容赦願えれば幸いです。


3.【報告者(準会員除く)の皆様へ】報告要旨・論文(フルペーパー)の提出

報告要旨は、4月18日(月)17時までに、学会ウェブサイト内の大会発表申込システムにアップロードをして、ご提出下さい。なお、報告要旨の作成にあたっては、学会ウェブサイト内の本大会案内ページにある「大会案内と報告申込要領」4ページに記載されている要領を、ご確認下さい。

報告論文(フルペーパー)は、5月16日(月)17時までにご提出下さい。学会ウェブサイト内の大会発表申込システムにアップロードをしていただくと共に、座長・討論者へのご送付もお願いいたします。座長・討論者の連絡先が、会員検索システムを利用するなどしてもなお不明の場合は、事務局までメールにてお問い合わせ下さい。

企画セッションの報告者におかれましては、報告申し込みは代表の方のみにお願いしておりましたが、報告要旨・論文(フルペーパー)のご提出は、代表者だけでなく各報告者が行っていただきますよう、ご注意下さい。

以上となります。
皆様のご参加を、京都から心よりお待ちしております。

【第30回大会】日本地方財政学会 第30回大会のご案内

日本地方財政学会
会員各位

 

第30回大会実行委員会
委員長 川勝健志(京都府立大学)
    三宅裕樹(京都府立大学)

 

日本地方財政学会第30回大会の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

開催日:2022年6月4日(土)・5日(日)
会場:京都府立大学 下鴨キャンパス
   (京都府京都市左京区下鴨半木町1-5)
アクセス:https://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=28
大会参加費:事前料金 2,000円、当日料金 3,000円

 

今回の大会は、原則として対面での開催を予定しています。ただし、新型コロナウイルスの感染の拡大が認められ、対面での開催が困難と考えられる場合には、分科会での報告などの開催方法をオンライン形式(ZOOMを予定)に切り替えることがあります。詳細につきましては、添付の「ご案内と報告募集」をご覧ください。

報告申込受付は2021年12月24日(金)より開始いたします。
報告申込は、一般報告と企画セッションの2種類について受け付けます。企画セッションの申し込みは企画者が代表として申込登録をしてください。申し込みに関する詳細につきましては添付の「ご案内と報告募集」をご覧ください。

●大会報告申込システム(2021年12月24日(金)受付開始)
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/public/JILF

※申込期限は2022年2月14日(月)17:00となっております。
※今後、地方財政学会ホームページで大会の内容等について随時告知していきます。

【*重要1*】準会員制度について
今大会から準会員制度を設け、公務員の方などの地方行財政に関わっておられる方をお迎えすることになりました。準会員の会費は年間5,000円(正会員は10,000円)で、大会の参加はもちろん、地方行財政実践分科会(仮称)での報告が可能です(※準会員の場合、各種申込スケジュールは正会員と同様ですが、会費は2022年度から発生します)。準会員の申し込みには、正会員1名の推薦が必要ですが、研究業績は不要です。詳しくは、下記の学会ウェブサイトをご覧ください。
http://www.gakkai.ne.jp/jilf/admission/

【*重要2*】大会参加費について
日本地方財政学会では、第27回大会から大会参加費を徴収することになりました。事前料金は2,000円、当日料金は正会員・準会員・非会員を問わず3,000円です。事前料金は、大会参加申込と同時にお支払いいただきます(大会参加申込受付は2022年4月1日(金)より開始)。

【*重要3*】入会申込手続きについて
報告申込ご希望の非会員の方は、正会員もしくは準会員のご入会手続きが必要となります(オンラインでの入会も可能です)。詳しくは上記の学会ウェブサイトをご覧のうえ、2022年1月24日(月)までにお申し込みください。受付後、学会常任理事会による仮審査、仮承認を経て、学会事務局から会費のご入金手続きに関するご案内をいたします。ご入金確認後に、「仮会員IDとパスワード」を送付いたします。学会での報告申込をされる際には、そちらをご利用いただき、上記期日までにお手続きをお願いいたします。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

以上

前後のカテゴリアーカイブ: