Home紀要 『比較教育学研究』『比較教育学研究』第18号 (1992年)

『比較教育学研究』第18号 (1992年)

発行:株式会社 東信堂/ 定価 本体2700円(税別)
ISBN:4-88713-146-1
巻頭言 会長・手塚武彦

自由研究論文

ドイツ統一と教育の再編 天野正治
木戸 裕
長島啓記
お雇い外国人婦人教師マーガレット・C・グリフィスの『伝記』について 碓井知鶴子
スイスの学校制度統一問題と学校改革
−1970年代における前期中等教育改革に視点をあてて−
遠藤盛男
中国のエリート形成における高等教育・留学の効果
−各界指導者の経歴分析を中心に−
大塚 豊
イギリスにおけるバングラデシュ系の生徒の低学力問題 川野辺 創
マグネット学校制度の特質と問題点
−学校選択制度としての側面を中心に−
佐々木 司
マレーシア人留学生の日本留学選択動機 永岡真波
幕府英国系カレッジ設立計画とその挫折 藤井 泰
言語カリキュラムの時間配分に関するクロス・ナショナル分析
−初等教育を中心として−
藤村正司
私立大学授業料に関する日米比較分析 丸山文裕
ドイツ連邦共和国の「オリエンテーション段階」に関する研究
−選抜と教育改革の問題点−
吉川裕美子

課題研究論文 『社会主義の現状と教育の将来』 ―ソ連を中心として―

はじめに 川野辺 敏
教育と労働の結合という原則 福田誠治
中等教育の多様化をめぐって 遠藤 忠

書評

権藤与志夫著『世界の留学−現状と課題−』 江淵一公
土持ゲーリー法一著『米国教育使節団の研究』 佐藤秀夫
村上士朗・所 伸一著『ペレストロイカと教育』 岩崎正吾
林 建彦・阿部 洋著『ニッポン・コリア読本』 朴 俊熙

文献紹介

桑原敏明(代表)『諸外国における義務教育の教育内容の改定動向に関する比較研究』 桑原敏明
国立教育研究所 国際教育協力室・国際研究協力室編著『アジア・太平洋地域諸国のカリキュラム』 樋口信也
国立教育研究所刊
Education for Humanistic, Ethical/Moral and Cultural Values
渡辺 良
レ・タン・コイ著 前平泰志他訳『比較教育学−グローバルな視座を求めて−』 前平泰志
吉田正晴著『比較教育学』 吉田正晴
自由研究論文英文摘要
日本比較教育学会第27回大会日程
日本比較教育学会会則・細則
紀要刊行規定
紀要投稿要領
平塚賞規定
紀要委員会委員名簿
役員名簿

編集後記

ページトップへ
Copyright (C) Japan Comparative Education Society, All Rights Reserved, 2001-2014.
特定商取引法に基づく表記