Homeお知らせ

お知らせ


東南アジアにおける女性の高学歴化を考える ─「ワークライフキャリア形成」とジェンダー─のお知らせ

【趣旨説明】
2030年に向けた持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)において,ジェンダーと教育の問題は解決されるべき目標に掲げられている。一般的に,ジェンダーと教育の問題は,相対的に不利な立場に置かれた女子の問題としてとらえられることが多い。そのため,彼女たちの教育機会が限定されている国や地域(サブサハラアフリカや南アジア)に注目が集まる傾向にある。しかしながら,本研究(「東南アジア島嶼部における男子・男性のワークライフキャリア形成」(科研基盤C(19K02525))は,高等教育段階において男女間の教育格差が縮小しているように見えるが,男性よりも女性の数が上回る「リバース・ジェンダー・ギャップ」現象が見られる東南アジア島嶼部に対象を絞り進めてきた。
本ワークショップでは,当該科研のメンバーに,『イスラーム・ジェンダー・スタディーズ3巻 教育とエンパワーメント』(服部美奈・小林寧子編著,明石書店,2020年)の執筆メンバーを加えて,インドネシアとマレーシアを中心に以下の点を話題として提供する。
・女性の高学歴化の現状と課題
・中等教育・高等教育における職業教育の現状と課題
・背景として2000年前後以降のジェンダー政策,女性政策,家族政策の変遷
また,ワークショップでは,フィリピン・タイ等を専門とする会員からコメントをいただくことにより,近隣諸国との比較可能性を探る。最後に,女子教育やジェンダーと教育の成果の問い方や解釈・評価のあり方についても,参加者のみなさまとともに議論したい。

【概要】
日時 2021年8月7日(土)9時30分〜12時00分
方式 オンライン Zoom(申し込みした方に別途送付)

講演者
服部 美奈(名古屋大学) インドネシア
久志本 裕子(上智大学) マレーシア
鴨川 明子(山梨大学) マレーシア

コメンテーター
市川 誠(立教大学) フィリピン
森下 稔(東京海洋大学) タイ
中田 有紀(東洋大学) インドネシア *司会進行

【言語】日本語

【登録料・参加料】無料

【申し込み】Google formから申し込んでください。
https://forms.gle/wRPQ3XYUyeCxNtBd6

【締め切り】2021年7月30日(金)5:00PM
*先着30名程度 定員になり次第締め切ります。

【問い合わせ】研究代表者 鴨川 明子 akamogawa@gmail.com
(@を半角にしてください)


若手会員のための科学研究費補助金申請支援講座

日本比較教育学会研究委員会では、若手会員の研究を支援する委員会活動のあり方を検討してきました。今回、一つの試みとして、若手会員が科学研究費補助金の申請を行うことを支援する講座をオンライン開催で企画しました。計画調書の作成について、科研費審査委員会委員の経験を踏まえて、採択に近づけるための留意点や工夫の仕方を説明します。参加者には、記入済で提出前の申請調書を持参していただき、その内容をご自身で再検討していただく場となります。なお、質疑応答は行いますが、個別相談に応じる時間は設けません。
参加を希望される会員は、下記の要領をご確認いただき、参加申し込みフォームにより申し込んでください。

○対象:日本比較教育学会の会員で、今年度科学研究費補助金事業のうち、研究代表者として若手研究または基盤研究(C)への申請を予定している主として若手研究者。ただし、基盤研究(C)への申請で研究組織に研究分担者を含む場合には、その全員が日本比較教育学会会員であることが望ましい。
○日時:2021年9月3日(金)10時から12時まで
○会場:オンライン(Zoom)
 ※Zoomのアクセス情報を参加申込者にメールでお知らせします。
○講師・司会:
講師 森下 稔 (東京海洋大学) *敬称略
司会 乾 美紀 委員長、牧 貴愛 委員
○構成:講義1時間、質疑応答30分、20分ブレイクアウト、10分まとめ(いずれも予定)
○使用言語:日本語
○登録料・参加料:無料
○お問い合わせ:委員長の乾までメールにて inuiあっとshse.u-hyogo.ac.jp
(「あっと」→@)
○参加申し込み:8月31日(火)正午までに下記URLのフォームに必要事項を記入してください。
https://forms.gle/muBMTsMHqmxaH1eZ8
○科研費の公募要領・計画調書、電子申請方法などは日本学術振興会HPを参照してください。
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/02_koubo/
(2021年は、8月上旬頃から公募が開始されます。)

過去のお知らせ

過去に掲載されたお知らせはこちらをご覧下さい。

ページトップへ
Copyright (C) Japan Comparative Education Society, All Rights Reserved, 2001-2022.
特定商取引法に基づく表記